「ホワイトバランス」って何?

写真に少しでも興味がある人なら「ホワイトバランス」という言葉を聞いたことがあると思います。

今回はホワイトバランスについて解説したいと思います。

色温度とは?

光源の色のこと

そもそも色とは何でしょうか?赤いリンゴ、緑の葉など、モノには色があります。しかしその色は空気の粒子のように「存在」するものではありません。色とは、光源(例:太陽の光)がモノに当たり、反射した光が目に届いて色を認識しているのです。ですので、その光源の色が違えば見える色も違ってきます。その光源の色を色温度と言いいます。例えば赤い光源の元でモノを見ると、それが赤っぽく見えます。青い光源の元でみると青っぽく見えます。

例えば「白い」ように見える紙でも、光源(当たる光の色)によって色が変わってきます。青い光が当たれば青っぽく見え、赤い光が当たればオレンジっぽく見えます。

paper-under-different-light-source

色温度を表す単位をK(ケルビン)といいます。例えば白熱電球は約3000K、太陽光は約5000Kという感じです。

太陽の光や電球の光の色は同じに見えますが実は違う色なのです。太陽の光は白に近く、電球はオレンジっぽいです。人間の目は優秀なのでそれを補正しているから同じ色に見えています。これが色温度というものを理解しにくい理由です。

一般に白熱電球はオレンジっぽく、屋外の影の部分は青っぽいです。オレンジ気味なのを色温度が「低い」と表現し、青みがかっているのを色温度が「高い」と表現します。
(感覚的には温度が高いと赤っぽくなり、低いと青っぽくなると思いがちですが、逆なのです)

white balance

ホワイトバランスとは?

すべての光源の色温度は異なります。たとえ同じ太陽光でも大気の性質によってわずかに異なります。カメラはその違いを修正して正しい色にする必要があります。

違う色温度を修正するための基準となるのが白い紙になります。ゆえに「ホワイト」バランスの名があります。白はすべての色が混ざった「色」だからです。

上でも言ったように、人間の目はホワイトバランスを勝手に自動で調整します。しかしデジタルカメラではそれを機械的に実行する必要があります。

151128-124758-1

スポンサーリンク

写真を正しいホワイトバランスにするには

撮影編

基本的には自動でOK

最近のデジタルカメラは性能が高いのでホワイトバランスは自動に設定しておいてほぼ問題ありません。カメラが自動的に室内や屋外、屋外でも晴れや曇りでものその場所のホワイトバランスに合わせてくれます。

グレイシートか白い紙を使う

自動ホワイトバランスではちょっとズレているときや、正確なホワイトバランスが要求される時には市販の撮影用グレイカードを使いましょう。グレイカードを露出は若干マイナス補正、ピントはマニュアルで若干ぼかして撮影しましょう。そしてその画像をマニュアルホワイトバランスの画像として設定してください(詳細は各カメラの説明書を参照)。

camera-white-balance-settings

Lightroom編

撮影したグレイシートはカメラ上だけでなく、編集でも設定することが可能です。その際にはRAWでの撮影を推奨します。RAWはホワイトバランスを変更しても劣化しにくいからです。

Lightroomに画像を取り込んだら、現像モジュールを開き右の基本調整のスポイトのようなピッカーを選択します。それでグレイシートを選択すれば適切なホワイトバランスになります。

wb-picker-lr

あえてホワイトバランスを変えてみる

正しいホワイトバランスに設定するだけが写真の醍醐味ではありません。あえてホワイトバランスを変えることで違った表現をすることができます。

以下の写真はLightroomでホワイトバランスをあえてオレンジ側に補正したものです。緑の葉がオレンジになって紅葉ぽっくなりました。

Lightroom wb slider

151128-141443-2 151128-141443

スポンサーリンク