Lightroomのxmpファイルには何が保存されているの?

Lightroomで現像した内容や写真データはカタログに保存されています。カタログへの保存に加えて、xmpサイドカーファイルに保存することもできます。

どんなデータが保存されていて、保存されないものが何なのか解説したいと思います。

カタログのバックアップとしても使えると別記事で解説しました。

Lightroomの作業を保存するには?

xmpファイルとは

xmp file in finder

RAWファイルと同じファイル名で一緒に保存されている「.xmp」という拡張子のテキストファイルのことです。Lightroomで行なった現像パラメータの数値や、メタデータが保存されています。

inside-xmp-file

Lightroomのみを使っているだけでは恩恵はあまりわからないと思いますが、PhotoshopやAdobe Bridgeで開くと、Lightroomでの補正やメタデータが反映されているのがわかります。

XMPを作成して保存するには

保存の設定をLightroomで行うことができます。

Mac : Lightroom>カタログ設定>メタデータ Windows : 編集>カタログ設定>メタデータ

「変更点をXMPに自動的に書き込む」にチェックを入れる

xmp file in lightroom

現像したり、メタデータを追加すれば自動的にxmpファイルに書き込まれます。xmpに保存されないまま終了しようとした場合、警告が出ます。

スポンサーリンク

xmpファイルに保存されているもの

XMPファイルに保存されいている情報は以下の通りです。

  • 現像補正
    • ホワイトハウス
    • 基本補正
    • ブラシ、円形フィルター、段階フィルター、スポット修正、赤目修正、補正ブラシ
    • トーンカーブ
    • 明瞭度
    • シャープ
    • 色表現(カラー)
    • 明暗別色補正
    • 段階フィルター
    • 円形フィルター
    • ノイズ軽減
    • レンズ補正
    • 効果
    • 処理バージョン
    • キャリブレーション
  • スナップショット
  • メタデータ
    • キーワード
    • 顔認識
    • 著作権情報
    • EXIF情報

現像パラメータはすべて保存されています。

保存されていないもの

Lightroomでのすべてのデータが保存されるわけではなく、保存されないものもあります。

フラグ

5段階の星評価は保存されますが、フラグの有無・除外は保存されません。

flag is not stored in xmp

編集履歴

history non destructive

編集をさかのぼることができるのはLightroomの魅力の一つですが、残念ながらxmpファイルには保存されません。現在の設定だけが保存されます。

コレクション

保存しているコレクション、スマートコレクション、クイックコレクションも保存されません。ですので、コレクションと同じ名前のキーワードをつけておくといいでしょう。

仮想コピー

仮想コピーは同じ写真の異なる編集バージョンを比較できる機能ですが、これも保存されません。

仮想コピーについては別記事で書きました

Lightroom 「仮想コピー」を使いこなす!

まとめ

xmpファイルはカタログのバックアップとして使ったり、他の人にRAWファイルを送るときに付属させると便利ですが、すべてのメタデータや編集データが保存されるわけではないことを理解して使いましょう。

xmpファイルをカタログの「バックアップ」として使う詳細は、カタログ解説の記事へ

そもそもLightroomの「カタログ」って何?

スポンサーリンク