Lightroom 「仮想コピー」を使いこなす!

Lightroomはこれだけで写真の管理・現像・書き出しといった一連のワークフローが完結する大変優れたソフトです。

Lightroomの仮想コピーという機能の使い方を説明します。

仮想コピーとは

Lightroomでの編集は、元画像に直接書き込むわけではありません。元画像とは別に編集データがカタログ内にあり、そこに保存されます。

もちろんそのままではWebへのアップなどには使用できないので、Jpegなどに書き出すときにはその編集データと元画像を合わせて「書き出し」という作業が必要になります。

when exported

普通のファイルやフォルダ管理で「コピー」と言ったら文字通りデータを複製することを指します。仮想コピーは少し違います。仮想コピーは元画像はコピーせず編集データのみを新たに作って仮想的に複数の写真をLightroom上で扱えるものです。言い換えれば「Lightroom内でのコピー」と言えます。そのため元画像をコピーするよりもHDDの容量を節約できます。

スポンサーリンク

仮想コピーの作り方

仮想コピーを作るには、ライブラリモードにしサムネイルの上で右クリックし仮想コピーを作成を選択します。

create-virtual-copy

仮想コピーができたらサムネイル画像の左下にめくれたマークが出ます。

virtual-copy-created

同じ画像が2枚ありますね。

元データはどうなっているのでしょうか?サムネイルを右クリック>Finderで表示(Windows:エクスプローラで表示)をクリックすると元データがあるフォルダが表示されました。見てみると、元データのRAWファイル1つとそのXMPファイルしかありません。Lightroom上では同じ写真が2枚ありますが、実際のデータが2つに増えたわけではありません。

というわけで仮想コピーが増えても元画像は増えないのでHDDの容量を取らないということがわかります。

original data virtual copy

仮想コピーの便利な使い方

様々な編集バージョンを作ることができる

モノクロバージョンや、他のエフェクトをかけたバージョンを作りサムネイルで一覧にして見ることができます。

v-copy-thumb

仮想コピーのフィルタ方法

大量に写真があるときに、その中から仮想コピーだけを表示したいときがあります。方法:グリッドモード(Gキー)で、Windowsでは  Macではを押し、フィルターバーを表示します

filter-bar

そのフィルターメニューの属性をクリックします。属性が表示されたら、その右端にある「種類」の項目にサムネイルが3つあります。その中の真ん中をクリックすると仮想コピーだけが表示されます。

filter-vcopy

まとめ

仮想コピーを使うことで、様々な編集バージョンを比べることができて便利です。元データは増えないのでHDDにも優しいですね。

スポンサーリンク