LightroomプリセットをAdobe Camera Rawで使うには?

Lightroomプリセットは、現像パラメータを保存して他の写真に簡単にすぐ適用できるというメリットがあります。

これについては別記事で解説しました。

Lightroom現像プリセットの作り方

Lightroomの兄弟ソフトであるPhotoshopでもAdobe Camera Raw(ACR)というのを使ってRAW現像することができます。ACRのインターフェイスはLightroomの現像モジュールのスライダとほぼ一緒です。

しかし、Lightroomのプリセットをそのまま使うことはできず、少しややこしいので、今回はそれを紹介します。

Lightroomプリセットの作り方

はじめに、Lightroomでプリセットを作る方法を確認しておきます。知っている方はスキップしてください。現像モジュール(Dキー)の左パネルに「プリセット」というタブがあります。そのタブの+(プラス)ボタンをクリックするとプリセット作成設定が開きます。

add preset

  • プリセット名
  • プリセットを保存するLightroom内の「フォルダ」
  • 自動階調にするかどうか
  • 選択した写真のどのパラメータを含めるか

を決めて「作成」をクリック。

create preset settings

スポンサーリンク

適用するには?

  1. 現像モジュールでフィルムストリップを表示
  2. 写真を選択
  3. 作成したプリセットをクリック

します。

ACRでそのプリセットを使うには?

ACRからはLightroomで作成したプリセットにアクセスすることはできません。ですので新たにACRで作成する必要があります。

PhotoshopでACRを開く方法は2つあります

  • XMPファイルが付属したRAWファイルをPhotoshopで開く
  • RAWをDNGに変換したのをPhotoshopで開く

PhotoshopでRAW(DNG含む)を開くと普通の画像ならそのままメインのウィンドウで開くところですが、RAWではACRが開きます。

右パネルにはLightroomでおなじみの補正スライダがあります。Lightroomと違う点は、Lightroomは他のタブを開くために下にスクロールしますが、ACRではヒストグラムの下のアイコンタブをクリックすることで他のタブを開きます。

このタブのいちばん右から2番目のスライダアイコンをクリックします。

acr-tabs-for-presets

すると、「プリセット」いう名前のタブが開きます。その一番下にicon-for-new-preset-acrのアイコンがあり、Lightroomでいう+ボタンです。

それをクリックすると、どのパラメータを含めるかの設定ができます。Lightroomの大半のパラメータは含むことができますが、円形フィルタと段階フィルタ、補正ブラシは保存できません。補正ブラシがプリセットに保存できないのはLightroomも一緒ですね。

円形フィルタ、段階フィルタ、補正ブラシ はプリセットには保存できませんが、Lightroomのそれを引き継いだり、ACRで使うことはできます。

preset-settings-acr

OK を押せばプリセットが作成されます。

acr-preset-created

 

まとめ

Lightroomで頻繁に使うプリセットをACRでもすぐ使えるようにしておくといいのではないでしょうか。

ACRのプリセットに円形フィルタなどが保存されない理由はおそらく、解像度や縦横比の異なる写真に他の写真の円形フィルタを適用してしまうと位置がズレてしまうからだと思います。

スポンサーリンク