意外と知らない?iPhoneでシャッターを切る5つの方法

最近のiPhoneは高画質化し、加工アプリも充実しているため、iPhoneで写真を撮る方も多いと思います。

「最高のカメラとは、いつも持ち歩いているカメラである」という言葉があり、ポケットに入り、いつも持ち歩くことができ、すぐに取り出して撮れるスマホはまさにそれです。一眼は大きいのでいつも持ち歩くのは簡単ではありません。

今回はiPhoneでシャッターを切るための5つの方法を紹介します。

(以下の方法はアップル純正のカメラアプリを使用するときの方法です。他のアプリを使えばもっと様々なシャッターの切り方があるとは思いますが。)

1)アプリのシャッターボタン

これは説明の必要はないと思います。いちばんポピュラーな方法で、カメラアプリの白いシャッターボタンを押すことです。下の図の赤枠で囲われているボタンがシャッターボタンです。

しかし、心配なのは指でシャッターボタンを押すときにはどうしても少しiPhoneが動いてしまうためブレた写真になりやすい点です。

ボタンを押し続けると「バーストモード」と呼ばれる連写ができます。ただ、あまりバーストモードを使いすぎると不必要な写真が大量に保存されてしまうので容量をひっぱくしてしまいます。

iphone camera preview

スポンサーリンク

2)音量調整ボタン

もう一つの「シャッターボタン」は、デバイスを縦に持ったときに左側にある音量調整ボタンです。音量を下げる方・上げる方、両方可能です。

上のようなスクリーンにあるボタンと違い、音量調整ボタンという物理的な形があるので、よりカメラのシャッターボタンを押すのに近いと思います。

trigger shutter by volume button

3)アップル製イヤホン

iPhoneを買ったときに付属する純正イヤホンは、マイクとしても利用できることで有名ですが、シャッターボタンとしても利用できます。

iPhoneと接続した状態で音量調整か再生・停止ボタンをを押すとシャッターを切ることができます。

シャッターを押すときにカメラを触る必要がないためブレにくいので私は気に入っています。

自撮り(セルフィ)を撮るときも、イヤホンでシャッターを切ることで、伸ばした手でシャッターを押す必要がなくなります。

イヤホンは乱雑な扱いをしているとしばしば内線の接触不良で壊れることがあります。そうなると捨てて買い替えると思いますが、音量調整ボタン、停止・再生ボタンは使えることがあるので壊れたイヤホンは「シャッター専用」として捨てずに置いておきましょう。

apple earpod volume

4)スクリーンショット

この方法を使う人はあまりいないと思いますが、一応紹介しておきます。

ホームボタンと電源ボタンを同時押しすることでスクリーンショットを撮ることができます。それをカメラモードのプレビューで使うことで、スクリーンショットを「写真」にしようというものです。

ただ、あくまでスクリーンショットなので、写真だけでなく周辺のインターフェースも写ってしまいます。

iphone_camera_preview_screen_shot

5)セルフタイマー

iPhoneを縦にして上の方に時計マークがあります。これはセルフタイマーで、タップすると、 2秒後 ・10秒後のセルフタイマーを設定できます。

self timer camera iphone shutter

スポンサーリンク