Lightroomのデータを新しいPCに移行する方法(CC対応版)

新しいパソコンを買ったので古いパソコンにあるLightroomにデータを新しいPCに移動したいときの方法を紹介します。

それほど難しくはなく、簡単にできます。

なお、移行は同じOS間だけでなく、MacからWindowsへ、WindowsからMacへ、といった異なるOS(プラットフォーム)への移行でも方法は変わりません。カタログファイル、プレビューファイルはOSに関係なく使えるからです。

知っておくべきこと

はじめに、Lightroomが「普通の」画像編集ソフトと違う仕組み上の点を挙げておきたいと思います。

  • 編集・メタデータとRAWなどの元データは別。カタログに編集データ(コントラストなど)や元画像へのリンク、メタデータなどが保存されています。カタログに元データは保存されておらず、元画像は別の場所にあります。
  • 編集パラメータをxmpファイルに保存することができる
  • 画像の表示・現像をスムーズにするためにプレビューファイルがある
  • まとめ:Lightroomで使うファイルはカタログ(.lrcat)、スマートプレビュー(.lrdata)、プレビュー(.lrdata)、元画像(RAW、JPEG など)、xmpファイル(あれば) になります。

Lightroom-catalog-thmb

スポンサーリンク

準備編

ここではLightroomにあるすべての写真を移動したいとします

  • 画像の元データの場所を知る:ルーペビュー(E)かグリッドビュー(G)の左パネルの「フォルダ」タブには元画像が保存されているディレクトリ一覧があります。フォルダはすべて一つの親フォルダにまとまっているのが理想的です。ばらばらになっている場合はドラッグして一つのフォルダに移動させましょう。そのほうが新しいPCに移すときに便利です。このように年>月日といったようにツリー状になっているのが理想です。親フォルダを表示するには フォルダ右クリック>親フォルダーを表示

lightroom-folder-tree

  • 関連ファイルの場所を知る:カタログ、スマートプレビューファイル、プレビューファイル。すべてカタログファイルと同じフォルダにあります。
    • Mac : Lightroom>カタログ設定>一般>表示
    • Windows : 編集>カタログ設定>一般>表示

catalog-show-location-lightroom

  • 新しいPCにLightroomをインストールする:Adobe CCの場合はCreative Cloudのアプリをダウンロードして、インストール→ログインします。パッケージ版の場合はそのDVDでインストールしてシリアル番号を入力します。
  • (「移行する際にはバックアップすべき」という意見がありますが、ここでの移行はあくまでコピーなのでは必ずしも必要ありません。)

移動

  1. Lightroomを終了する
  2. USBメモリか外付けHDDを古いPCに挿す
  3. カタログ、スマートプレビュー、プレビュー、元画像(RAW、JPEG など)、xmpファイル(あれば)をコピー。(「切り取り」ではなく必ずコピーしましょう。元データはまだ残しておきます。)
  4. USBを抜いて、新しいPCに挿す。
  5. USBドライブを開いてデータをPCの任意の場所に移動。新しいPCにSSDがある場合はカタログとプレビューデータをそこに保存しておけばLightroomがサクサク動きます。

Lightroom高速化・最適化については別記事へ

Lightroomが重たいときに高速化・最適化する方法

カタログを元画像と再リンク(※ここ重要)

lightroom-missing-photos

カタログファイル(.lrcat)をダブルクリックしてLightroomを開くと、サムネイルは表示されるのですが、サムネイルの右上に「!」マークが出ていると思います。これは元画像とカタログとのリンクが切れてしまっていて参照できないことを示しています。この状態では現像等できません。元画像と再リンクする必要があります。とはいっても写真をカタログから削除して再度読み込みする必要はありません。「!」マークをクリックすると元画像と再リンクする設定が出てくるのですが、大量の写真を一つ一つやるのは大変です。そこで、フォルダごとまとめて再リンクするのが便利です。

  1. 左パネルのフォルダツリーで「?」マークのある親フォルダを右クリック
  2. 「見つからないフォルダーを検索」をクリック
  3. 新しく移動したフォルダを選択(同じフォルダ名)
  4. 「フォルダーの選択」をクリック

find-missing-folder-lightroom

カタログと元画像が再リンクされたら完了です。あとはいつも通り使用できます。

プリセットとプラグインもチェック

  • デフォルトのプリセット(現像、書き出し、読み込み含む)はカタログフォルダ内にあるのでカタログを移動したら自動で引き継がれます。チェックしておきましょう。ネットからダウンロードした外部プリセットは他のフォルダに保存されていることがあるので、その時は再度取り込んでおきましょう。
  • 引き継いだプラグインを有効にする

スポンサーリンク