Lightroomカタログのサイズを小さくする方法

Lightroomを使っていると知らないうちに写真が増えてきてカタログサイズが大きくなってしまいます。そうなると動作が遅くなったり、バックアップに時間がかかったりしてしまいます。

SSDを使っていれば、高速な一方で容量が小さいというデメリットがあるのでなるべくファイルサイズを小さくしておきたいと思います。

今回は、大きなサイズのカタログを小さくする方法を紹介します。ちなみに私のカタログは2GBにもなってしまっています。

「カタログを分割すればいいだけじゃん」と思うかもしれないですが、私は一つのカタログですべて管理することをオススメしています。分けるメリットがないからです。

Lightroom カタログは一つだけでいいの?

カタログサイズが小さいメリット

できることならなるべくカタログサイズは小さくしましょう。いくつもメリットがあります。

  • レスポンスが速い
  • バックアップが速い
  • 最適化が速い

スポンサーリンク

方法

写真をカタログ上から消去

Lightroomはカタログというデータベース上での作業です。カタログ上から写真を消せば軽量化になります。それだけなら元データは消えません。不要な写真は削除してしまいましょう。

削除するには、サムネイル(Gキー)上で削除したい写真を選択、Backspaceキー(Mac:delete)を押す。以下の画面では「消去」を選択。

delete photos from catalog

「カタログを最適化」する

カタログの不要なキャッシュや、データベースを最適化する機能です。Windowsで言う”デフラグ”に似ているかもしれません。

手順はWindowとMac共通 : ツールバーのファイル(F)カタログ最適化

optimize catalog

ヒストリーを消す

history non destructive

過去の編集履歴をさかのぼることができるのもLightroomの魅力ですが、大量の写真にすべての編集履歴が記録されていると、積もりに積もって無視できない量になります。個人的には編集履歴はあまり使わないので必要無いと思います。

グリッド(Gキー)でヒストリーを削除したい写真を選択(複数可)、現像モジュール(Dキー)に切り替えて メニュー>現像>ヒストリーを消去

clear edit history in Lightroom

 

スポンサーリンク