Lightroomで256段階のRGB値を見る方法

Lightroomの現像モジュールでカーソルを画像の上に動かすとヒストグラムの下にはRGB値が表示されます。しかし、その表記が「%(パーセント)」になってしまい、通常の256段階にはなっていません。Photoshopでは「スポイトツール」で画像のピクセルの値が256段階でわかります。RGBの各値が256段階なのは、階調が8bitだからです。階調については前に書きました。

8bitや16bitってどういう意味? ー階調についてー

通常の256段階の表示にするにはソフト校正モードにする必要があります。

「ソフト校正」とは?

プリンタやプロファイルによって表現できる色は少しずつ異なります。ソフト校正とは、それぞれの写真がプリンタで印刷した時にどう見えるのか、シミュレーションできる機能です。ディスプレイとプリンタでは表現出来る色の範囲が異なるので、それを確認する事が必要だからです。

詳しくは別記事へ

よくわかる。Lightroomの「ソフト校正」って何?

ソフト校正にするには?

方法①

現像モジュールでSキーを押す

方法②

Tツールバーを表示してソフト校正をクリック

softproofing

ソフト校正が起動しました。プロファイルはシミュレーションしたいICCプロファイルを設定しておきましょう。

カーソルを画像の上に動かすと

rgb value in percent rgb value in 8 bit 256

RGB値の単位が%から256段階になりました。

スポンサーリンク