知覚的や相対的って何?マッチング方法について

PhotoshopとLightroomにはプリント機能があります。紙のサイズ、使用するプリンタ、印刷サイズ、縦横などなどさまざまな設定ができます。そのなかに「マッチング方法」という項目があります。

これは何なのでしょうか?解説したいと思います。

カラーマネジメントについておさらい

プリンタやディスプレイなどのデバイスによって再現できる色が異なるのでそのデバイス間の「通訳係」のような存在が必要なのです。PhotoshopやLightroom、Macにはカラーマネジメントシステムがあり、どのデバイスや媒体でも色を均一にするしくみです。そのカラーマネジメントシステムは大まかに以下のことをしています。

  1. 入力色空間を読み込む(例:ディスプレイのICCプロファイル)
  2. それを絶対色空間に変換(例:Labカラー)
  3. それを出力色空間に変換(例:プリンタのICCプロファイル)

の順に変換することです。

スポンサーリンク

ディスプレイとプリンタの色空間を比較

ディスプレイとプリンタの色空間はどのくらい異なるのでしょうか?プロファイルをMacのColorSyncというカラーマネジメントソフトで比較してみます。

  1. Spotlightで「colorsync」と検索
  2. 「プロファイル」タブをクリック
  3. 入力色空間のプロファイルを選択(ここではAdobe RGBとします)
  4. Labプロット内を右クリック>比較のために保留
  5. 出力色空間のプロファイルを選択(ここではJpana Color 2001 Coatedとします)

以下のように、プリンタで表示できる色はディスプレイで表示できるよりも狭く、ディスプレイの色をそのまま印刷することはできません。例えばディスプレイで表示される赤と、プリントされる赤は同じ値でも少し異なります。カラーマネジメントシステムが異なる色空間に変換するときには色を置き換える必要があります。その置き換える方式のことを「マッチング方法」といいます。英語ではrendering intentです。

マッチング方法の設定はどこにある?

PhotoshopやLightroomの印刷のカラーマネジメント設定の「マッチング方法」や、Photoshopのプロファイル変換機能にあります。

それぞれは何が違うのでしょうか?

マッチング方法

知覚的(Perceptual)

入力色空間より出力色空間のほうが小さい場合は縮小されます。明度(明るさ)の維持を優先するため、彩度や色相が若干変化します。出力色空間のほうが大きい場合は色はそのままです。

  • メリット:自然な発色になる
  • デメリット:写真によっては彩度が低くなってくすんでしまうことがある。

特にこだわりがない場合はこれを選択しましょう。

彩度(Saturation)

鮮やかさを強調したいときに使います。色域外の色は彩度を維持して出力先の色空間に置き換え(マッピング)られます。彩度の維持を優先するため、それ以外の色が大幅に変わることがあリます。ロゴなどのイラスト向きです。

相対的な色域を維持(Relative Colorimetric)

入力色空間よりも出力色空間が小さい場合はいちばん近い色に置き換えられます。元々色域内にある色の位置関係は変わりませんが、白点が異なるときはそれに応じてすべての色の位置関係が変わります。デメリットとしては彩度の高い部分が飽和したり、階調飛びが発生しやすくなることです。

こんなときに使う

  • 写真
  • 2つの色空間の重なりが比較的似ているとき

絶対的な色域を維持(Absolute Colorimetric)

厳密な再現性が要求されるときに使います。上記の相対的な色域を維持と似ていますが、変換の過程で白点(white point)は変わらないのが特徴です。ディスプレイで雑誌などの紙媒体に印刷したシミュレーションをしたいときに使用しましょう。

迷ったら”知覚的”を選ぶ

以上4つ紹介しました。

どれが一番良いかという正解はありませんが、迷ったときは、写真のプリントでしたら「知覚的」を使いましょう。これがいちばん自然なマッピング方法だからです。

Photoshopではマッチング方法の効果を簡単に確かめることができます。

メニュー>表示>校正設定>カスタム にある「マッチング方法」という項目を変えてみましょう。切り替えてみてもはっきり言ってほとんど発色は変わりませんが、写真好きなら知っておいたほうがいいと思ったので紹介しました。

スポンサーリンク