Lightroomのカタログ名を変更する方法

「普通」のファイルの名前を変更するには、右クリック>名前変更 をクリックすれば簡単に変更できます。しかしLightroomカタログの名前を変更するのはそう単純ではありません。単に .lrcat ファイルの名前を変更するだけでは不十分で、付属のファイル名も変更する必要があります。

「カタログ」というLightroom独自の仕組みについては別記事へ

そもそもLightroomの「カタログ」って何?

カタログの場所を開く

カタログや付属のファイルがあるディレクトリを開きます。カタログがどこにあるか覚えていればこのステップは必要ありません。

Mac : Lightroom>カタログ設定 Windows : 編集>カタログ設定

「表示」をクリック。

catalog show

カタログが保存されているフォルダが開きました

スポンサーリンク

Lightroomを終了する

Lightroomを終了し(ここ重要)、lrcat.lock と lrcat-journal という二つのファイルがなくなっていることを確認。これはLightroomが起動している際に使うファイルです。

この例ではMacですがWindows版でもこの二つのファイルは存在します。

close lr

カタログの付属ファイルの名前を変更する

Lightroomカタログ本体の .lrcat ファイルだけでなく付属の

Previews.lrdata と Smart Previews.lrdata 

のファイル名も変更する必要があります。ファイルの上で右クリック>名前を変更

スマートプレビューを使用していない場合は Smart Previews.lrdata というファイルはないと思うので変更する必要はありません。

スマートプレビューの使い方については別記事で解説しました

Lightroomのスマートプレビューを使って外出先でも編集しよう!

Previews.lrdataやSmart Previews.lrdataの前には半角スペースを入れるのを忘れないようにしましょう。

  • カタログ名.lrcat
  • カタログ名 Previews.lrdata
  • カタログ名 Smart Previews.lrdata

下の図の赤い枠で囲まれている文字列を変更。

renamed

完了です。Lightroomを開いて正常に起動できることを確認しましょう。

スポンサーリンク