解説!「RAW」ってなに?

「JPEGよりRAWで撮った方がいいよ」「プロはみんなRAWで撮ってるよ」

と言われたことはありませんか?RAWとは何なのでしょうか?

今回は、RAW(読み「ロー」)の特徴と、その扱い方を解説します。RAWを使うことで写真へのコントロールが大幅に広がります。

RAWとは?

RAWを一言で言うと「生の写真データ」です。

デジタルカメラには光を受け取るセンサーがあります。センサーには小さなピクセルが敷き詰められていて、当たった光の量に応じて画像を記録します。とはいっても、センサー自体は色を認識することはできません。認識できるのは白から黒のグラデーションだけです。どうやって色を記録しているかというと、センサーのピクセル上に赤、青、緑の色のついたフィルターが有り、例えば赤いリンゴを撮るとします。りんごは赤いので、赤いフィルターを通る光が多いので、カメラは「赤だ」と認識できるわけです。

以下のようなイメージです。赤と青より緑が多いのは、人間の目は緑色に敏感だからです。

sensor-color-cell

JPEGはこのグレーの情報がカメラ内で処理されて変換された結果です。それに対してRAWファイルとはまだ処理されていない生の白黒情報と言えます。

RAWファイルは現像処理されていない生の情報であるため、写真の品質を最大限に引き出すことができます。

わかりやすくするために、RAWファイルを生たまごに例えてみましょう。生たまごからは、目玉焼きにしたり、クッキーの材料になったり、スクランブルエッグなど様々な料理が作れます。一方、ここで言うJPEGとはいわばゆで卵と言うことができます。ゆで卵の使い限られていますよね。カメラで保存するJPEGはすべてRAWを加工した結果です。

eggs

RAWとJPEGではこんなにも違うのです。

スポンサーリンク

RAWのメリット

RAWはLightroomなどの対応した現像ソフトでの現像でRAWは威力を発揮します。

具体的に見ていきましょう。

現像が自由自在

develop_module basic panel

  • ホワイトバランス
  • シャープネスをかけやすい:カメラのJPEG設定ではシャープ処理をかけることができます。RAWではシャープ
  • ハイライト・シャドウの調整

現像での補正が自由自在だということは撮影時に露出が暗すぎたり明るすぎたり多少「失敗」しても、現像ソフトで補正できるということです。

例えば以下の写真はトンネルの中が真っ暗になってしまっています。これがJPEGだったら黒い部分はほとんど潰れてしまい復元できないのですが、RAWは階調が豊富なので現像ソフトでシャドウ部を復元することができました。

2180313 1180313

階調が豊富

JPEGは8bitなのでRGB各一色あたり256段階しか表現できません。しかしRAWファイルの階調は、12、14、16 bitと豊富です。14bitもあると一色あたり16384段階も有ります。ディスプレイの階調は8bitなので14bitにしても見える画質に違いがあるわけではありません。階調が豊富だということは明るさやコントラスト、彩度などを大幅に補正しても劣化しにくいというメリットがあります。

original-160921-025620

色空間が広い

JPEGでの撮影時にはsRGBやAdobe RGBといった色空間を選ぶことができます。しかしRAWで撮影するときに色空間を選ぶことはできません。RAWファイルは生の情報なので、PCで現像して書き出すときに色空間を選ぶことができるので、一番広いProPhoto RGBから、一般的なsRGBまで自由に選ぶことができます。

icc-profiles-thmb

現像ソフトが進化すれば今以上のものを引き出せる

LightroomやDPP(キヤノン)などのRAW現像ソフトは、RAWデータの情報を複雑なアルゴリズムで現像しています。将来現像ソフトが進化してアルゴリズムが発展すると、現在のRAWファイルから今以上のものを引き出せる可能性があります。一方、JPEGはすでに処理された結果なのでそういったポテンシャルはありません。

デメリット

しかし、デメリットもあります。

サイズが大きい

カメラのフォーマット(形式)設定をJPEGからRAWにすると撮影可能枚数が大幅に減るのに気がつくと思います。それはRAWはJPEGに比べてサイズが大きいためです。例えば、カメラで撮って出しのJPEGが約3.7 MBだとしたら、そのRAWファイルは約24 MBと約6倍にもなってしまいます。

サイズが大きくなると以下のようなデメリットがあります。

  • 撮影可能枚数が少なくなる
  • HDDのスペースを取る
  • 連写可能枚数が少なくなる

現像処理が必要

普通のソフトでは読み込めないのでDPP(キヤノン)やLightroomなどのRAWをサポートしたソフトが必要です。現像を確定してJPEGやPNGなどの利用可能な形にする変換(書き出し)が必ず必要になります。

lr export

扱うのに若干知識が必要

JPEGで撮ればそのままネットにアップしたりできるの扱いは簡単ですが、RAWは現像というプロセスが必要なので現像ソフトの使い方を知っておく必要があります。

撮って出しのRAWはちょっと味気ない

冒頭でRAWを生たまごに例えたのに戻ると、JPEGは「ゆで卵」と完成されているのですぐに食べられるのに対して、RAWファイルは生卵なのでそのままでは食べることはできません。

それと同じように撮って出しのままのRAWファイルは少し色合いが悪かったり、コントラストが低かったりします。それは、後の現像で補正できる幅を大きくするためにあえてそうなっています。

2203114 2203114-2

統一したフォーマットはない

JPEGは「IMG004.jpeg」、PNGは「IMG004.png」とそれぞれフォーマットの拡張子があります。ここまでは、RAWファイルという一つの「img001.raw」なる拡張子があるかのように語ってきましたが、実はRAWファイルにはJPEGのように統一した拡張子(フォーマット)はありません。メーカーやカメラによって拡張子が異なります。

以下は一覧表です。同じメーカーでも複数ある場合がありますね。

メーカー 拡張子
Adobe .dng
キヤノン .crw, .ciff, .cr2
富士フイルム .raf
コダック .k25, .kdc, .dcr
ニコン .nef
オリンパス .orf
Phase One .cap .tif .iiq
ソニー .srf .sr2 .arw

canon-raw-file-in-finder-view

現像できるソフト

RAWファイルはそのままでは「普通の」ソフトで扱うことはできません。現像する専用ソフトが必要です。以下は主な現像ソフトです。

  • Digital Photo Professional(キヤノン)
  • Capture NX-D(ニコン)
  • Adobe Lightroom
  • Adobe Camera RAW(Photoshop)
  • Capture One

カメラのRAW設定

RAWで撮影できるカメラは一眼レフカメラはもちろんですが、ハイエンドなコンパクトデジカメでもRAWで撮影できるモデルが多いです。RAWに対応しているかどうかはカメラメーカーのホームページの「仕様表」で確認できます。

raw-is-ok-camera-spec

以下はEOSのRAW設定画面です。

camera-raw-setting-eos-canon

まとめ→RAWで撮るべき!

以上、RAWはJPEGに比べて、写真の品質を最大限に引き出せるという大きなメリットがあることを紹介しました。運用に知識が必要な点で少しハードルがありますが、乗り越えてぜひともRAWで撮影しましょう。

スポンサーリンク