LightroomでTIFFやPSDファイルが増えてしまったら?

Lightroomの写真をPhotoshopに送って編集すると、TIFFやPSDというファイルが元画像とは別に自動で作られます。長い期間それらのファイルが積み重なるとサイズとしては膨大になってしまいます。PSDやTIFFは最高画質を保ったまま編集したり、Photoshopでレイヤーを保存したりということができる一方で、サイズが大きくなってしまうデメリットがあります。

RAWデータが20 MBぐらいの場合、それを16bitでTIFFやPSDに変換すると100 MBにもなってしまうことがあります。

必要のないPSDやTIFFファイルは削除してしまいましょう。

PSDとTIFFだけ表示するには?

膨大にある写真の中からPSDとTIFFだけ表示するにはフィルタ機能を使います

  1. ライブラリモード(Gキー)にする
  2. 左側パネルの「カタログ」の「すべての写真」をクリック
  3. メニュー>表示>フィルターバーを表示
  4. ライブラリフィルターのメタデータをクリック
  5. 項目名>ファイル形式 をクリック
  6. Cmd(Ctrl)を押しながら「Photoshopドキュメント(PSD)」と「TIFF」をクリック

filter psd and tiff thmb

こうすることでLightroomにあるすべてのPSDとTIFFファイルを表示できます。

スポンサーリンク

削除するには?

サムネイルに表示されているのはPSDとTIFFだけなので、その中から必要ないファイルを削除しましょう。写真を選択するにはCmd(Ctrl)を押しながらサムネイルをクリックしていきます。

選択が終わったら、サムネイルを右クリックして「写真を削除」を選択します。

するとダイアログが出てきて、そのなかに削除に関連する項目が二つあります。「ディスクから削除」と「除去」です。

「ディスクから削除」は写真をLightroomカタログ上から削除するとともに、元画像も削除します

「除去」は写真をLightroomカタログからのみ削除されて、元画像は削除されません

ここでは、元画像も消去したいので「ディスクから削除」を選択します。

delete in lightroom

Photoshopに送るときにサイズを小さくする設定

LightroomからPhotoshopに送るときのファイル形式、bit数、圧縮などの設定については別記事で書きましたのでそちらを参考にしてください。

Lightroomの写真をPhotoshopで編集するには?

スポンサーリンク