iPhoneの失った写真などのデータを簡単に復元できる!PhoneRescueレビュー

他の記事で、消してしまったPCのデータを復元するのを書いたのですが、PCだけが対象でスマホは対象ではありませんでした。iPhoneの写真やメモなどのデータを消してしまったらどうしたらいいのでしょうか?iPhoneといえば周知のようにアップルがiOSをガチガチに管理しているので、簡単に復元なんかできるんでしょうか….。

あるんですよね!そういうソフトが!今回はそんなiPhoneのデータを復元できるソフトPhoneRescueを使ってみました。

(iMobieさんからライセンスを提供して頂きました。)

PhoneRescue製品ページ

なぜ復元できるか?

どうして復元できるのでしょうか?

別記事でも書いたのですが、消えたと思っているファイルは実は消えていないんです。実は、そのファイルは厳密には消去されていないのです。しばしば本に例えられます。本には目次と本文があります。データを「消す」のは本の目次を消すだけで、本文は未だ残っている状態です。コンピュータは目次を見て「ファイルがない」と判断するんです。新たなデータが本文の上に上書きされることで完全に消えます。

PhoneRescueのすごいところ

  • スマホを復元できる:なんといってもスマホを復元できること!以前レビューしたソフトはPCが対象でした これはiOS(iPhone, iPad)とAndroid(スマホとタブレット)両方に対応しています。
  • ソフトがMacとWindows両方に対応:Macのみ、Windowsのみといったソフトは多いのですが、PhoneRescueは両方対応しているんです。
  • さまざまなアプリに対応:PhoneRescueはスマホなどのモバイルデバイスを対象にしているので基本的にファイル単位の復元ではなくアプリ単位の復元になります。写真アプリ、Line、純正メモ帳、音楽、ビデオといったよく使うアプリを復元できます。
  • 簡単に使える:復元と言っても別に難しい知識がいらず、ソフトも複雑なインターフェースではなく誰でも簡単に使えます。
  • 軽い:Program Files (x86)\iMobieの容量を見てみると70MBほどと、比較的軽いです(比較のために言っておきますと、iTunesは400MBほどあります)。容量が少ないPCには嬉しいですね。
  • 日本語対応:海外製ソフトにありがちな英語だけというのではなく、日本語にも対応しているんです。またオンラインのマニュアルも日本語があります。
  • 復元先を選べる:「普通」の復元ソフトは復元先がそのデバイスしかありませんが、PhoneRescueは復元先をそのデバイスかPCかどちらか選べるんです。
  • バックアップがなくても復元できる:「iOSデバイスからリカバリー」モードならiTunesやiCloudにバックアップがなくてもデバイスに復元できるものがあるか調べて(スキャンして)くれます。
  • 古いAppleデバイスにも対応:最新のiPhone 7やiPad Proだけでなく、iPhone 5やiPad 4といった古いデバイスにも対応しているんです。
  • タブレットも対象:iPhoneだけでなく、同じくiOSのiPadやiPad miniのデータも復元できます。またAndroidタブレットも対象です。

ダウンロード

公式サイトからのダウンロード・購入になります。ここではiOS+Windowsの組み合わせでダウンロードします。

インストール

  1. ダウンロードしたインストーラをクリック。
  2. 「インストール」ボタンクリック
  3. 「開始」をクリック

(メーカーさんからライセンス提供を頂いたので私はこのあとシリアルキーを入力しました。)

今回はメモ帳と写真を2件づつ間違って消してしまったことにします。「ゴミ箱」からも削除しました。

日本語にする

インストールしたては英語になっているので日本語にしてしまいましょう。

  • 右上のドロップダウンメニューをクリック>Choose Language>日本語Getting Started をクリック

USBケーブルでiPhoneと接続

なお、PCのUSBポート&デバイス&ケーブルがUSB3.0に対応していれば2.0に比べて転送速度が(理論上)最大10倍速く、スキャン→復元も速くなるので是非そっちを使いましょう。

ここで使う私のPCとiPhoneスペックはこんな感じです。

  • iPhone 6s 64GB
  • iOSバージョン 10.3.2
  • Windows 10 64bit

モードは4つ

PhoneRescueには4つのモードがあります。

  • iOSデバイスからリカバリー
  • iTunesバックアップからリカバリー
  • iCloudからリカバリー
  • iOS修復ツール

です。どう使い分ければいいのでしょうか?

iOSデバイスからリカバリー←今回使うやつ

バックアップがない場合にiOSを直接スキャンして復元できるか調べます。PhoneRescueを使うのはこれが主な目的になると思います。iTunesやiCloudのバックアップがない、もしくはバックアップが古すぎるときなどに使います。

iTunesバックアップからリカバリー

iTunesではデバイスのバックアップを取ることができます。iTunesが起動できない場合に使いましょう。iTunesのバックアップとデバイスのデータを比較して失ったデータのみを復元します。

iCloudからリカバリー

iCloudバックアップが有効になっていればiCloudから復元します 。ただ、iCloudのデフォルトの容量は5GBしかなく、足りないと思うので月130円払って50GB使えるようにしましょう。私もそうしています。

iCloudからリカバリーを使う際にはApple IDの2段階認証はオフにしておきましょう。そうしないとログインがうまくいかないからです。

iOS修復ツール

iOSがクラッシュしたり、再起動ループ(いわゆるリンゴループ)から抜け出せない場合に使います。

あまり見たくない画面…。

「iOSデバイスからリカバリー」を使うよ

今回使うのは「iOSデバイスからリカバリー」です。他のモードについて詳しくはiMobieのサイトをご覧ください。

復元にあたって。いくつか注意点

  • iTunesなどの転送ソフトは閉じておく
  • Wifiやbluetoothを切って「機内モード」にする
  • デバイスのバックグラウンドアプリを閉じておく
  • USBとデバイスがしっかり接続されていること
  • システムのクリーニングソフトを使用しない

スキャン

復元できるファイルがあるかどうかスキャンします。下に「お使いの【iPhoneの名前】が接続されました!」というのを確認したら→ボタンを押します。

 

復元したいアプリを選びます。ファイル単位ではなくてアプリ単位なんですね。ここではメモ帳と写真を選びます。すべて選択するのが普通だとは思いますが、ここでは手順を簡単にするために2つだけにしています。

OKを押すとスキャンが始まります。

時間は私の64 GBのiPhoneでは10分ほどで終わりました。

選択

スキャンが終わると復元できるファイル一覧が表示されます。ここから復元したいファイルを選択していくのですが、対象を絞るために 「全ての項目を表示」タブから「削除

さっき削除したメモと写真はあるでしょうか?

メモ帳:スクロールしていくと、ありました!日本語のメモも文字化けしてません。

写真も同じように下にスクロールしていくとありました!サムネイルを見る限り破損はしていません。

(千枚以上の中からさっき消した写真を見つけるのはかなり苦労したので、機能として日付やファイル名などのEXIFデータで検索・フィルタリングできるといいですね。iMobieさんよろしくお願いします!笑

右下のアイコンでデバイスに復元するかPCに復元するかを選択します。

復元

ここではPCアイコンをクリックしました。「データ復元が完了しました」と表示されます。「こちらをクリック」をクリックすると復元されたフォルダが表示されます。見てみると破損などはありませんでした。

まとめ

いかがでしょうか。

難しい操作や専門的な知識もいらず簡単に復元できます。データが消えてしまって困っている方がいたらぜひ使ってみてください^^。

復元できるとはいっても100%ではないのでバックアップはしっかり取りましょう。iCloudバックアップを使う際には、デフォルトの容量は5GBしかなく、足りないと思うので50GBにアップグレードしておきましょう。

また、別記事でも書きましたがしっかり復元できるようにするには

  • 消えた原因がソフト的な理由に限ること
  • 消えた後はなるべく操作をしないで電源をそっとオフにする

ということを注意しましょう。

なお、今回はiPhoneを使いましたがPhoneRescueはAndroidにも対応しています。Android版へのリンク