LightroomではJPEGも非破壊なの??

Lightroomはカタログというデータベースでの管理なのでRAW画像の編集は、ピクセルを直接編集せず、仮想的に編集する非破壊編集であることはわかりましたが、はたしてJPEGも非破壊で編集できるのでしょうか?

カタログ管理というLightroom独自の方式については別記事で解説しました。

そもそもLightroomの「カタログ」って何?

答え:はい、非破壊です

答えを先に言うと、JPEGでも非破壊です

RAWの編集はLightroom以外のソフトでも非破壊です。JPEGに関してはLightroom以外のソフトだと直接書き込んでしまうので非破壊でない場合が大半です。ネットでフリーでダウンロードできる画像編集ソフトなどはたいていそうです。

それに対してLightroomはカタログというデータベース方式なのでRAWだけでなく、JPEGも非破壊です。それだけでなく、PNGやTIFF、PSDなどの画像も非破壊で編集できます。

「非破壊編集」について詳しく解説した記事は以下へ

「非破壊編集」とは?

PNGやTIFFなどの写真の保存形式につきましては別記事で解説しました。

JPEGとRAWって何が違うの? 写真の保存形式まとめ!

Lightroomはホワイトハウスや明るさなどの編集内容をカタログに書き込みます。ですのでいつでも「初期化」ボタンやCtrl (Cmd)+Zのショートカットで元に戻せます。

reset in Lightroom

直接書き込まれないならどうやって編集を確定するの?

編集データを画像に直接書き込まないことは上で解説しました。では最終的にどうやってその編集を確定させればいいのでしょうか?

それは、書き出しという作業です。これはカタログの編集データと元画像を合わせて一枚の画像にすることです。こうすることでメールやWebに利用出来るJpegなどの形式にします。

スポンサーリンク