Lightroomのカタログを統合するには?

Lightroomにはカタログという素晴らしいしくみがあります。これがあることで管理・編集がスムーズにできるんです。そのカタログを分けるかどうかですが、私としては一つのカタログですべて作業することをおすすめしています。

でも、カタログがバラバラになってしまう理由はたくさんあると思います。

  • 他のPCで作業していたカタログ。
  • バックアップカタログを使い始めてそっちがメインになってしまった。
  • 書き出すたびにカタログを作成していた。

などなど。今回はカタログを統合する方法を紹介します。

カタログについておさらい

  • カタログとはデータベースである
  • 補正データと元画像は別
  • 統合とは補正パラメータやメタデータを統合すること
  • MacとWindows両方で使える

詳しくは別記事へ

スポンサーリンク

方法

統合したいカタログをピックアップ

カタログ設定画面でパス(ディレクトリ)を知る

エクスプローラ(Finder)で検索

Windowsならエクスプローラ、MacならFinderでカタログを検索します。拡張子は「.lrcat」です。

カタログを整理、最適化

統合する前に取り込み元のカタログを整理、最適化しておきましょう。スムーズにするためです。

リンク切れを解消

元画像のあるフォルダ名やファイル名を変えてしまうとLightroomとのリンクが切れてしまいます。ですので、フォルダツリーのアイコンに「?(クエッションマーク)」が出ているフォルダや、「!」マークがあるサムネイルは元データとのリンク切れを解消しておきましょう。

最適化

 

メイン(取り込み先)のカタログを開く

  • カタログ直接クリック
  • MacならOptキーを押しながらLightroomアイコンをクリックすると、開く前にカタログを選択できます。

統合

ここからがメインです。統合ではコレクションや、コレクションセット、スマートコレクションも引き継がれます。

「高速化のために、取り込むときは専用の一時カタログを作ったほうがいい」という人がいますが必ずしも必要ありません。最近のLightroomはたくさん写真があっても十分速いので。

メニュー>ファイル>別のカタログから読み込み

  • カタログの内容:フォルダ一覧が表示されます。デフォルトではすべてにチェックが付いています。必要ないフォルダのチェックを外していきましょう。
  • 新しい写真:新しい写真を移動するかコピーするか決めます。私の経験上、読み込みに失敗することが多いので念のためコピーにしておきましょう。

読み込みボタンを押す。少ないとすぐに終わりますが、数万枚にもなると時間がかかるので気長に待ちましょう。

あとはいつもどおり作業します。必要があれば、取り込み元のカタログ(&元画像)を削除しましょう。

スポンサーリンク