軽視してはいけない。メモリーカードを正しく扱う

ネットにはイメージセンサーやレンズのクリーニング、保管などのメンテナンスを解説したページは多いですが、メモリーカードの扱いやメンテナンスについて解説したページは少ないように思います。

今回は、データを保存する大切なメモリーカードを扱う上で注意する点を挙げたいと思います。

メモリーカードについておさらい

レンズがあってもカメラがあっても、メモリーカードがないと保存することはできません。メモリーカードは写真を保存するのに必須のアイテムです。

メモリーカードにはSDカードやCFカードなどいくつか種類がありますが、現在主流のものはSDカードになります。切手ぐらいの大きさです。

スポンサーリンク

扱う上での注意点

静電気、水、圧力にさらさない

SDカードのデータが消えてしまう原因としては物理的なものとソフト的なものの2種類があります。静電気や水没、圧力といったものは物理的な原因なのでそうなってしまうと個人では復元できず、専門の業者に依頼せねばならず費用も高額になります。

使うカメラでフォーマットする

フォーマットとは簡単に言えばそのデバイスに最適化する、ということです。新しくメモリーカードを買ったら使うカメラでフォーマットしましょう。PCではなくて使うカメラでです。PCでフォーマットしてしまうとPCで扱うのに最適化されてしまうので。

誤消去してしまっても復元できることを知る

上記のメモリーカードからデータが消えてしまう原因の2種類のうち、ソフト的な原因の場合は復元できることがあります。「消えた」ように見えるデータは実は消えておらず、本に例えて言えば本文は残っていて目次を消しただけ、なのです。復元のできるかどうかは誤消去してしまった後の処置が超重要です。カメラやPCで誤消去してしまったら絶対に書き込みは行わず、カメラならそーっと電源を切ってカードを抜きます。そしてPCの無料の復元ソフトを使用して復元します。

メモリーカードの復元について詳しくは別記事

長期的な保存には利用しない

最近のメモリーカードは安価で大容量なので撮った写真をPCに取り込まずそのままカード内についついそのまま保存してしまっている人がいるのではないでしょうか。数千円で64 GBという一昔前の 大容量なのは大変うれしいですが、メモリーカードは長期的な保存には向いていません。理由は

  • 小さいため紛失しやすい
  • 静電気や圧力といった破損に弱い
  • 定期的に通電しないとデータが消えてしまう

ためです。

カメラの電源を切ってからカードを抜く

カメラにPCのような「取り出しボタン」があるとしたら電源を切ることでしょう。電源を入れたままカードを抜くと不具合の原因になります。

端子に手を触れない

金色の端子はカードリーダーやデバイスに差し込んだときにデータがやりとりされる重要な部分ですので手で触れないようにしましょう。手の脂がついてしまうとサビの原因

湿気が少ないところに保管する

カメラやレンズのような大きな防湿庫は必要ありませんが、保管場所はなるべく湿気の少ないところに保管するか、密閉したケースに保管しましょう。

カードケースに入れて持ち運ぶ

冒頭でも紹介したようにSDカードはわずか切手ぐらいの大きさと小さいので紛失しやすいです。また静電気に弱いのでカードケースに入れて持ち歩きましょう。

カードは複数持つ

たとえ容量が十分でも、予備用にカードはもう1枚持っておきましょう。たくさん撮って一枚目がいっぱいになったときに使えますし、一枚目が壊れてしまったときにも使えます。

むしろ、超大容量のSDカード一つ持つよりもその半分のサイズのカードを2枚持つ方がいいです。小さな容量のカードのほうが技術が確立されているからです。

PCから抜くときは「取り出し」をする

PCからSDカードを抜くときは必ず「取り出し」の動作をしてからにしましょう。MacとWindows共通です。

スポンサーリンク