Macの「写真」アプリとLightroomを比べてみた

Macユーザーなら写真管理・現像ソフトを、純正の「写真」アプリにするかAdobe Lightroomにするか迷うのではないでしょうか?少し前までは、中・上級者ならAperture か Lightroom の間で選んでいたでしょうし、初心者ならiPhotoを選んでいたのではないでしょうか。しかしアップルがApertureの開発を終了し、純正の写真アプリは「写真(Photos)」に置き換えられました。そのため、Macの写真アプリで選択肢に挙がるのは「写真」アプリとLightroomだと思います。

今回はこの両者を比べてみたいと思います。

共通点をおさらい

違いを比較する前にまずは共通点を見てみましょう。

  • 非破壊編集が可能:ネットで無料で手にはいる画像編集ソフトの大半は画像のピクセルを直接変えてしまう破壊的編集です。「写真」アプリとLightroomなら編集データと元画像は別々なのでいつでも元に戻すことができる非破壊編集なんです。
  • 取り込み→現像→シェア、プリントのワークフローが完結する
  • 管理機能がある:アルバムやコレクションとして分けたり、キーワードを付けることができる。
  • アプリケーションとデータが別々にある:アプリのプログラム自体は「アプリケーション」フォルダに保存されています。一方データはデフォルトでは「ピクチャ」フォルダに保存されています。拡張子は、「写真」アプリが「.photoslibrary」で、Lightroomが「.lrcat」です。
  • RAWファイルをサポート:カメラの画質性能を最大限に活かせるのがRAWのメリットですが、「写真」アプリとLightroomは主流のカメラのRAWはほぼ全てサポートしています。
  • 拡張機能が利用可能
  • キーワードをつけることができる:被写体、季節、場所などなどをキーワードにしておけるので、あとから見つけやすくなります。
  • カラーマネジメントに対応:ディスプレイやプリンタなどのデバイスによって表現できる色は少しずつ異なります。その差を吸収するのがカラーマネジメントなのですが、「写真」アプリとLightroomはOS XのColorSyncというカラーマネジメントシステムと連携して ICCプロファイルを読み取る→出力色空間に変換 をバックグラウンドで行ってくれるので色の心配をする必要はありません。(モニターのキャリブレーションは必要ですが)
  • 白黒変換可能:白黒に変換が可能で、しかもあとからいつでもカラーに戻すことができます。
  • インターフェイスがわかりやすい:写真アプリはアップル製品の多分に漏れず、インターフェイスはシンプルで洗練されています。iPhoneやiPadなどの他のアップルデバイスと親和性が高いのですぐに馴染めます。LightroomもPhotoshopとは違い画像編集・管理に特化した、初心者に優しいインターフェースになっています。
  • アプリケーションとデータが別にある:アプリデータは「アプリケーション」フォルダに、編集データなどは写真アプリは「.photoslibrary」というファイル(パッケージ)にLightroomはカタログにあります。
  • Retinaディスプレイに対応:「Retinaに対応してるなんて当たり前では?」と思うかもしれないですが、古くて長くアップデートされていないアプリなんかはインターフェースの文字がギザギザになってしまうんです。アップル純正の「写真」アプリはもちろんのこと、LightroomもRetinaに対応しています。

スポンサーリンク

比較

基本インターフェイス

左がLightroomの基本的な画面、右側が「写真」アプリの基本的な画面

色はLightroomは黒とグレーを基調としているのに対し、「写真」アプリは明るい白を基調としています。

lightroom-basic-grid-interface-look photos app interface2

サポートしているカメラのRAW

  • 写真アプリが編集できるRAWはOSXのYosemiteがサポートしているRAWと同じです。一覧はアップルサイト
  • LightroomがサポートしているRAWの一覧はAdobeのサイト

両者をざっと比較したところ、主流のカメラはほとんどサポートされています。「写真」アプリとLightroomでそれほど差はありません。

価格

写真アプリはMacを買えば初期状態(デフォルト)で付属してくるので無料です。一方、Lightroomは有料です。購入方法は、ややこしいですが、2種類あります。一つは単体パッケージ版(1万数千円)を購入する。もう一つはAdobe CCフォトグラフィープランで、月々約1000円です。

Lightroomの購入について詳しくは別記事へ

Lightroom CCとLightroom 6 どっちにすればいいの?

「写真」アプリ

メリット

  • 無料
  • 他のアップルデバイスで使える:iCloudを通してiPhoneやiPadといった他のデバイスと写真を同期することができます。
  • モジュール切り替えの必要が少ない
    • Lightroomはモジュールと言ってグリッドや現像、プリントなどが機能ごとに異なる画面にあり、切り替えるのが少し面倒です。その点「写真」アプリはその切り替えが必要な場面が少ないです。
  • 速度が速い:Macを作っているアップルの純正アプリということで、やはり動作がスムーズな感じです。L

デメリット

  • Windowsで使えない
  • 高度な編集に向かない
  • 写真を探すのに苦労
  • 編集をさかのぼれない
  • アプリの名前が平凡すぎる:「写真」という名前はありふれすぎているのでもっとユニークな名前にしてほしかったです。言及するときに、このアプリのアプリを指すのか、写真一般のアプリを指すのかわかりにくいからです。ちなみに英語でも単に「Photos」です。

Lightroom

メリット

  • 管理機能が充実
  • 大量の写真を一括処理できる
  • MacとWindows両方で使える(カタログファイルが共通)
  • 編集履歴をさかのぼれる

デメリット

  • 有料
  • 要求スペックが高い:メモリーは最低でも8 GB必要で、それでも動作が少しカクついています。またCPUもマルチコアでないと満足な速度は出ません。その点「写真」アプリはアップル純正ということで動作がスムーズな感じ。計測したわけではないですが印象としては。MacBook Airでがっつり現像するのはすこし力不足な気がします。ノートなら、よりスペックの高いMacBook Proが必要です。

まとめ

いかがでしょうか。「写真」アプリとLightroomを比べてみました。

私としてはLightroomを断固おススメします。Lightroomのほうが中・上級者にとって「かゆい所に手が届く」からです。例を挙げるときりがありませんが、一つ挙げるとすると「現像プリセット」です。これは一連の現像パラメータを保存しておいて、他の写真に一括で適用できる機能です。

お役に立てればと思います。

スポンサーリンク