キヤノンユーザー必見!LightroomとDPPを比べてみたよ

キヤノンユーザーにとってRAW現像ソフトを探したときに迷うのは主にDPP(Digital Photo Professional)とLightroomの2つではないでしょうか。

両者を比べてみたいと思います。

共通点をおさらい

  • MacとWindows両方ある:これを「クロスプラットフォーム」というのかは知りませんが、WindowsとMac両方あります。
  • 非破壊:元画像を直接いじらない非破壊編集なので後からいつでも元に戻すことができます。
  • 取り込み→現像→シェア、プリントのワークフローが完結する
  • RAWファイルをサポート:カメラの画質性能を最大限に活かせるのがRAWのメリットですが、「写真」アプリとLightroomは主流のカメラのRAWはほぼ全てサポートしています。
  • カラーマネジメント(CMS)に対応:ディスプレイやプリンタなどのデバイスによって表現できる色は少しずつ異なります。その差を吸収するのがカラーマネジメントなのですが、「写真」アプリとLightroomはOS XのColorSyncというカラーマネジメントシステムと連携して ICCプロファイルを読み取る→出力色空間に変換 をバックグラウンドで行ってくれるので色の心配をする必要はありません。(モニターのキャリブレーションは必要ですが)
  • 白黒変換可能:白黒に変換が可能で、しかもあとからいつでもカラーに戻すことができます。
  • インターフェイスがわかりやすい:写真アプリはアップル製品の多分に漏れず、インターフェイスはシンプルで洗練されています。iPhoneやiPadなどの他のアップルデバイスと親和性が高いのですぐに馴染めます。LightroomもPhotoshopとは違い画像編集・管理に特化した、初心者に優しいインターフェースになっています。
  • テザー撮影ができる:カメラとPCを接続して撮りながら即座に取り込んでPCの画面で確認できたり、カメラの設定をいじれたりできるのがテザー撮影ですが、DPPとLightroom両方とも対応しています。キヤノンのEOS Utilityを使います。

スポンサーリンク

インターフェース簡易比較

現像画面をカンタンに見てみます。Lightroomは補正スライダが右側に固定されてあるのに対してDPPははウィンドウの好きな位置に配置できますね。

DPP

ダウンロードリンク

EOSカメラのシリアル番号が「ライセンスキー」のようなものになってて、ダウンロードするときに入力します。

無料

EOSを買ったら無料で使うことができます。DPPの1番のメリットです。Lightroom (Classic) CCを使うためにAdobe CCフォトグラフィープランに加入しなければならず年間約1.2万円します。

軽い

DPPは140 MBほど(Mac版)とかなり軽いです。それに対してLightroomは約2 GBあります。ダントツにDPPが軽いですね(いくら何でも軽すぎたろ。サイズの計測方法間違えてないかな汗)。容量の小さなPCには嬉しいですね。

純正なのでRAWファイルの性能を最大限引き出せる

DPPはキヤノンの純正ソフトということでキヤノンのRAWファイルの性能を最大限引き出せます。また、Lightroomでは破棄されてしまう以下のようなEOS特有のパラメータももちろん読み込まれます。

  • ピクチャースタイル
  • ホワイトバランス
  • レンズ光学補正
  • オートライティングオプティマイザ
  • 高感度撮影時のノイズ低減
  • 高輝度側・階調優先

Lightroom

正式名は(2017年11月現在)「Adobe Lightroom Classic CC」です。

有料

デメリットとしては有料という点なんですねえ。Adobe CCフォトプランに加入すると年間1.2万円ほどかかってしまうんです。

Adobe

どのカメラメーカーのRAWファイルでも現像できる

DPPだったらキヤノンのRAWファイルしか現像できません。Lightroomならキヤノンだけじゃなくてニコンとかペンタックスとかほぼ全てのRAWファイルを現像できるんです。

管理機能が充実

カタログ管理なので複数のフォルダの写真がまとめて見れるんです。それだけでなく、コレクションとして分類したり、キーワードをつけたりできます。メタデータでフィルタリングしたりもできます。

メターデータが編集可能

Lightroom Mobileで連携可能

名前変更

Lightroomはリネームが自由自在なんです。連番にしたり、日付を入れたり、キーワードを入れたりといったことがカンタンにできて、それも一括で大量にできるんです。

Photoshopと連携がスムーズ

「できないことはない」と言われる業界定番ソフトのPhotoshopとカンタンに連携できます。

大量一括処理がカンタン

お気に入りの補正パラメータをプリセットとして保存しておけばワンクリックで一括で大量にそれを適用できます。

LightroomでもDPPの色を出すことはできる

別記事の「Lightroomをキヤノンの色で表示するには?」でも書いたのですが、キヤノンのRAW(CR2)だと、EOSの以下の設定がLightroomでは破棄されてしまいます。

  • ピクチャースタイル
  • ホワイトバランス
  • レンズ光学補正
  • オートライティングオプティマイザ
  • 高感度撮影時のノイズ低減
  • 高輝度側・階調優先

まとめ

私としてはLightroomを断固おススメします。Lightroomのほうが中・上級者にとって「かゆい所に手が届く」からです。有料ではありますが、買って絶対に損はありません!

スポンサーリンク