LightroomからMacの「写真」アプリに取り込む

Macの「写真」アプリ(旧iPhoto)からLightroomに取り込む方法は別記事で解説しました。

Macの「写真」アプリからLightroomに取り込む

今回はその逆、Lightroomから「写真」アプリに取り込む方法を紹介します。写真アプリはiCloudを通してそのMacだけでなく他のアップル製品(iPadやiPhoneなど)とも同期されています。

Lightroom の写真をそれらのデバイスで見ることができたら良いと思います。

フォーマットを選択

写真アプリはRAWファイルとJPEG、TIFFなどの形式も扱うことができます。それぞれの形式にはメリット・デメリットがあります。ですので人それぞれ合った形式を選べばいいと思います。

ここではRAWとJPEGでそれぞれで書き出す方法を紹介します。

1)RAWで書き出す

  1. 書き出したい写真を選択
  2. Cmd+Shift+Eで書き出し設定へ
  3. 書き出し設定は次の点に注意です
    1. 書き出し場所:「書き出し先」ではフォルダーを後で選択を選択しましょう
    2. ファイル形式:ここではRAWで取り込みたいので「元画像」を選択します。lightroom export original
  4. 書き出し」をクリック
  5. フォルダを選択(このフォルダの場所は覚えておく)

「RAWで取り込むんだったら、書き出しなんかせずに、サムネイル>右クリック>Finderで表示 で元データを参照すればいいじゃないか?」と思うかもしれません。確かに画像が一つだけならそれでもいいのですが、複数の画像が複数のフォルダにまたがっていると開くのが大変なので、「書き出し」で一括して1つのフォルダにコピーしてしまいましょう。

2)JPEGで書き出す

  1. 書き出したい写真を選択
  2. Cmd+Shift+Eで書き出し設定へ
  3. 書き出し設定は次の点に注意です
    1. 書き出し場所:「書き出し先」ではフォルダーを後で選択を選択しましょう
    2. ファイル形式:ここではJPEGで取り込みたいので「JPEG」を選択します。
  4. 書き出し」をクリック
  5. フォルダを選択(このフォルダの場所は覚えておく)

スポンサーリンク

写真アプリに取り込む

  1. Lightroomから書き出したフォルダをFinderで開く
  2. 写真アプリを開く
  3. 新規アルバムを作成
  4. その(空の)アルバムを開く
  5. Finderで写真を選択
  6. 写真アプリへドラッグ
  7. 完了

finder and photos app drag

注意点:冒頭でも言ったように、写真アプリのデータはiCloud でiPhone などの他のアップルデバイスと同期されています。これは大変便利なのですが、その iCloud のデフォルトの容量は5GBしかありません。保存するのが文書と少しの写真なら足りますが、写真や動画を大量に保存するとなると5GBでは足りない場合が多いです。そういう方のために容量をアップグレードできます。50GBで月130円ぐらいです。

スポンサーリンク