Lightroomの「シャドウ」と「黒レベル」の違い

Lightroomの現像モジュールには充実したパラメータがありますが、そのなかの「基本補正」の項目の中に「シャドウ」と「黒レベル」というよく似た名前の項目があります。

両者は何が違うのでしょうか?

blacks and shadows Lightroom thmb

別記事で「ハイライト」と「白レベル」の違いを解説しましたが、今回はその逆です。そう言ってしまうともう解説する必要はなくなってしまいますが、あえて解説したいと思います。

Lightroomの「ハイライト」と「白レベル」の違い

共通点

まずは「シャドウ」と「黒レベル」の共通点を見てみたいと思います。単語からして写真の暗い部分を補正する機能であることがわかります。

shadow side gradation

では、両者の違いは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

黒レベル

黒レベルを理解するには、ヒストグラム上で見た方がわかりやすいと思います。ヒストグラムについては別記事で詳しく解説しました。徹底解説!ヒストグラムって何?

ヒストグラムはピクセルの色と明るさごとの量をグラフに置き換えたものですが、Lightroomでそれのいちばん左側にマウスカーソルを置くと(Windwos&Mac共通)ヒストグラムの下に「黒レベル」と表示されるのがわかります。

このことから黒レベルは画像のいちばん暗い(100%黒、明るさ0%)の最大値を上下させるものだということがわかります。

blacks on histogram Lightroom annotated

シャドウ

“シャドウ”という言葉はしばしば「100%黒くなった場所」という意味合いで使われます。しかしLightroomでは少し違います。ここでの「シャドウ」は完全な黒よりも少し明るい範囲をコントロールするのを指しています。

ここでもヒストグラムを見た方がわかりやすいと思います。

上の黒レベルと比べて、範囲が若干中間に寄っているのがわかります。

shadow_on_histogram_Lightroom annotated

どんなときに使うの?

両者はどんな写真で使えばいいのでしょうか。

黒レベル

私はダイナミックレンジを黒から白までいっぱいに使いたいと思っているので、そういうコントラストを上げたいときに黒レベルは非常に便利です。

下の写真はちょっとくすんでいます。ヒストグラムを見るといちばん暗い部分が100%黒になっておらず、右に寄っていることがわかります。

130428-080649-2

その黒レベルを下げてみると、コントラストの高い画像になりました。

130428-080649-3
EOS 60D @ 300mm, ISO 200, 1/640, f/9.0

シャドウ

シャドウは黒くつぶれてしまったディテールを復元するのに便利です。

以下の左の写真は桜の花びらの背景が黒くつぶれてしまっていますが、シャドウを上げてみると、木の幹のディテールがよくわかるようになりました。

下の写真はRAWで撮っています。理由は、RAWは階調が豊富なので黒くつぶれてしまってもあとで復元しやすくなるからです。

ちなみに、ここでも、スライダを動かす時にAlt(Opt)キーを押すと、白飛びした範囲がモノクロで表示されます。

160404-135416 160404-135416-2

 まとめ

いかがでしょうか。黒レベルはいちばん黒いポイントを指定し、シャドウは黒くつぶれてしまったディテールを復元するためにつかいます。順番としては黒レベル→シャドウ という順で使うといいでしょう。

スポンサーリンク