【詳説】Lightroomの書き出し機能。

Lightroomでの作業はカタログという独自のデータベース上での作業ですのでJPEGなどの利用可能な形にするには必ず「書き出し」という作業が必要になります。

今回はこれを解説します。

lightroom export module

書き出しとは?

そもそも、なぜ書き出しが必要なのでしょうか?Lightroomのサムネイル写真をそのままドラッグしてフォルダに投げ込むことはできないのでしょうか?

残念ながらサムネイルをドラッグして直接デスクトップ等に移動することはできません。

どうしてでしょうか?それは、Lightroomはカタログという独自のデータベース上での作業だからです。カタログという仕組みは大変便利なものですが、最後に必ず「書き出し」という形でJPEGなどの利用可能な形にする必要があります。

スポンサーリンク

書き出し方法

書き出しモジュールを起動する

  • ルーペモード(Eキー)かグリッドモード(Gキー)で左パネ
    ルの下にある「書き出し」というボタンをクリック。
  • ショートカット:Ctrl(Cmd) + Shift + E

lr export

項目説明

書き出し場所:書き出し先のフォルダを選択します。

  • 「書き出し先」
    • 特定のフォルダ:下で保存先のフォルダを設定します。
    • 元の写真と同じフォルダ:文字通りです。ただ私はあまり使いません。元画像があるフォルダと書き出し先のフォルダは別にしたいからです。
    • フォルダーを後で選択(プリセットに便利):ここではフォルダは設定せずに一番下の「書き出し」をクリック後保存するフォルダを設定します。私はこれを愛用しています。
  • 「このカタログに追加」
    • 普通書き出された画像はカタログには追加されません。これを有効にしておけば書き出された画像がカタログに自動追加されます。私はあまり使用しません。理由は、書き出した画像はネットにアップしたり送信したりするのに用いた後は削除するからです。

ファイルの名前:ファイル名を自分で決めた規則に従って名前付けをしていきます。Lightroomの魅力の一つはこの機能が充実していることです。これについては別記事で解説しました。

徹底解説!Lightroomのファイル名変更機能の使い方

ビデオ:動画を書き出すのであればその設定をします。ただ、Lightroomは写真編集ソフトであって動画編集ソフトではないので私はほとんど使ったことがありません。ですので説明は省略させていただきます。

ファイル設定

  • フォーマット:JPEG→ネットへのアップやメールでの送信したいとき、PSDとTIFF→画質を絶対に落としたくないときに。DNGとはAdobe が提唱している新しい統一RAWフォーマットで、RAWのサイズを小さくしたいとき。ですがDNGに変換することはオススメしていません。元画像→これは単に元画像をコピーするだけで、圧縮や変換等はありません。
  • カラースペース:画像に付属するICCプロファイルを設定します。プリント用に広い色空間を使いたいときはProPhoto RGBに、ネットにアップしたいときはsRGBにしましょう。
  • 画質:JPEGは圧縮してサイズを小さくする形式なのでその圧縮率を設定します。最適な圧縮率については別記事で書きました。

PhotoshopとLightroomのベストなJPEG圧縮率を探る

画像のサイズ調整:書き出し後の画像の寸法を設定します。ネットにアップするときは小さくしたほうがいいでしょう。なぜ小さくするのでしょうか?

最近は高画素化しているので2000万画素というのも少なくありません。2000万画素になると寸法(ピクセル)はどれぐらいになるでしょうか?2000万画素にもなると寸法は5568×3712 ピクセルにもなってしまいます。Lightroomで編集してそのままのサイズで書き出してしまうと5568×3712 ピクセルのまま書き出されてしまいます。これはネットにアップするには大きすぎます。寸法は長編1600 ピクセルもあれば十分だからです。

項目のなかの「寸法」と「幅と高さ」の違いについは別記事で書きました。

Lightroomで書き出し時の「幅と高さ」と「寸法」の違い

シャープ出力:画像をシャープにします。別記事でLightroomでシャープにする方法をまとめました。そのなかで「シャープ処理は書き出し時に行うべき」と結論付けています。シャープの強弱は解像度によって必要な値はことなるため、最終的な解像度決定する書き出し時に行えばLightroomは最適なシャープさを決定してくれるからです。よくわからないときは スクリーンー標準 としておきましょう。

知って得する。Lightroomでシャープにする3つの方法

メタデータ:写真データにはEXIFというデータが含まれています。絞り、焦点距離、撮影日時、カメラ等々多くの項目に渡ります。そういったメタデータはLightroomないで管理するときには大変便利ですが、一方ネットにアップすると個人情報の流出につながることがあるので書き出し時には削除しておいたほうがいいデータもあります。ここでは写真に含めるメタデータをおおざっぱに決めることができます。いちばんプライバシーにかかわりそうな「人物情報」と「場所情報」はチェック式で決めることができます。

透かし:写真に著作権情報などを見える形で埋め込むことができるのが「透かし」機能です。保存してある透かしプリセットを適用することができます。透かしについては別記事で解説しました。

Lightroomで透かしを作る方法

後処理:これは書き出し後の動作を設定します。例えば「Photoshopで開く」を選択すれば書き出した画像を自動的にPhotoshopで開きます。私のおススメは「エクスプローラで表示(Macでは”Finderで表示”)」です。これは書き出した写真の保存先を書き出し後に自動で開いてくれるものです。ですのでわざわざディレクトリをたどって開く必要がありません。

まとめ

いかがでしょうか?

Lightroomは書き出し機能も充実していますね。

スポンサーリンク