そもそもLightroomの「カタログ」って何?

Adobe Lightroomは筆者が写真を編集・管理するのに愛用しているソフトです。写真の現像・管理・印刷・Webへのアップといった一連のワークフローがこれ一つで完結する大変優れたソフトです。しかし、初心者がLightroomを使おうとして最初に戸惑う点は、Lightroomがフォルダ管理ではなくカタログ管理だという点ではないでしょうか。カタログ管理はフォルダ管理と比べてどんなメリットがあるのでしょうか?

今回はLightroomのカタログというしくみについて解説したいと思います。

カタログとは?

カタログとはいわばLightroom独自の画像データベースのことです。例えば写真を閲覧するときはフォルダ管理のように写真ファイルを直接閲覧するのではなく、カタログ内にある元画像のプレビューファイルを閲覧しています。編集するときには直接元画像に書き込むのではなくカタログに保存されている編集データを変えることで仮想的に写真編集を行なっています。編集データは例えばホワイトバランスなどの基本補正やその他現像モジュールで行う補正、キーワード、撮影情報、レーティングなどのメタデータです。

カタログに保存されている主な情報

(編集データやメタデータの保存先にxmpサイドカーを選ぶこともできますが、ここでは説明を簡単にするためにあえて無視しています。)

catalog-explained

カタログファイルの拡張子は .lrcat になります。カタログの保存先を開くには Mac : Lightroom>カタログ設定 Windows : 編集>カタログ設定 「表示」をクリック

スポンサーリンク

カタログ管理のメリット

カタログ管理にはフォルダ管理にはなりメリットがあります。

メリット1)非破壊

history_non_destructive

「普通」の写真加工ソフトは元画像を直接編集するので、間違って編集してしまったとき、バックアップを取っていないと元に戻すことができません。PhotoshopでJPEGをレイヤーなしで編集して保存するときに「最高画質」で保存したとしても、少なからず劣化しています。また、JPEGは加工を繰り返すと写真は劣化する性質があります。Lightroomは、上で言ったように編集するのはあくまでカタログというデータベース上でのことなので、直接元画像(RAWだけでなくJpegも含む)を編集するわけではありません。だからどんなに加工しても劣化することはありません。それだけでなく、ヒストリー機能によって、その画像を取り込んだ時から直近までの編集を遡ることもできます。

メリット2)複数のフォルダを横断して表示できる

複数のフォルダにある写真を一緒に見ようと思ったら普通、エクスプローラ(Windows)やFinder(Mac)のウィンドウを複数開くか、Finderならタブを複数開かなければいけませんでした。Lightroomでは、はじめにフォルダからカタログに取り込む作業をしてデータベース化するので、複数のフォルダにある画像をLightroomで一元的に見ることができるのです。もちろんその取り込み元のフォルダが外付けHDDやネットワークHDDでも大丈夫です。複数のフォルダの写真を一つの画面で見れるだけではなく、コレクションという形でカテゴリ別に振り分けることもできます。

メリット3)WindowsとMac両方で使える

アップル純正の「写真」アプリはLightroomのカタログに似た「.photoslibrary」というファイルがあります。しかし、これはMacでしか使えませんが、Lightroomのカタログ(.lrcat)はMacとWindows両方で使うことができます。変換等は必要ありません。クラウド等にカタログを同期すればWindowsとMac両方からアクセスできるようになります。

デメリット

便利なカタログ管理ですが、いいことばかりでもありません。

まずはじめに必ず「読み込み」が必要

いきなり開けばいいフォルダ管理とは違い、カタログというデータベース上での管理ですから、まずはじめに必ず「読み込み」をしなければいけません。これは写真をカタログに取り込み、その画像へのリンクとプレビューを作成するものです。Lightroomの左下にある「読み込み…」を押すと読み込みモジュールが起動します。

「読み込み」モジュールについては別記事で詳しく書きました

【詳説】Lightroomの「読み込み」モジュール

lr import

必ず「書き出し」が必要

読み込みが必要なのと共に、カタログはLightroomのみで使える形式なので、WebなどへアップするJPEGにするには必ず「書き出し」という操作が必要になります。Lightroomのサムネイル写真を外部にドラッグ&ドロップでコピーすることはできません。

lr export

直接ファイル・フォルダを移動したりできない

lr multiple folders

カタログと元画像はディレクトリへのリンクによって紐づけられているので、エクスプローラ(Win)やFinder(Mac)でフォルダやファイルを移動・削除・名前変更してしまうとカタログからのリンクが切れてしまい編集等ができなくなります。ですので、フォルダ・ファイル移動は必ずLightroom上で行う必要があります。

誤って直接ファイルやフォルダの移動・名前変更をしてしまうとLightroomは画像が「行方不明」になり、サムネイルの隅に「!」(ビックリマーク)が出てしまいます。これについては別記事へ。

Lightroomでサムネイルに「!」マークがある理由

まとめ

「読み込み」と「書き出し」が必要だというデメリットを差し引いても、やはりカタログ方式は、フォルダ管理よりも便利だと思います。Lightroomを買おうか迷っている方がいたら是非購入することをおすすめします。Lightroomは、カタログという仕組みさえ慣れてしまうともう他のソフトには戻れないぐらいの魅力があります。

スポンサーリンク