Photoshop初心者が覚えたい基本「レイヤー」について

Photoshopを使っている人に「Photoshop のいちばんのメリット何ですか?」と聞いたら、おそらく「レイヤーでしょ」と答える人が多いのではないでしょうか。それぐらいPhotoshopにとってレイヤーは重要です。

今回はそのレイヤーを解説します。

レイヤーがなかったら?

レイヤーがもしなかったらどうなるか見てみたいと思います。

まずは、Photoshopで新規作成します。

create new document photoshop

下の赤い画像にレイヤーなしで直接描いてみようと思います。

落書きしてみました(右)。

一見すると、背景の赤と落書きの黒は別々に見えますね。この落書きを消したり移動したりするのは簡単そうに見えます。

red after edit

しかし、実は、消去・移動等はできません。一見別々に見えるパーツは実は2次元の平面上にある一枚の絵だからです。

ですので、それを消そうとするとどうなるでしょうか?

WindowsにあるペイントのようにPhotoshopにも「消しゴム」があります。

photoshop eraser

それでその落書きを消してみましょう。すると、黒い落書きだけを消したいのに背景の赤まで消えてしまいました。落書きと背景は1枚の絵なのでべつべつに消すことはできないのです。

本当に、消す前に戻すには「元に戻る(Cmd+Z)」を何回も実行しなければいけません。もしくは新しく作り直さなければなりません。

今回は赤一色という単純な背景だからまだいいですが、これが写真だとしたらどうでしょうか?

せっかくの大切な写真に傷をつけてしまいますね。

after erased without layer

スポンサーリンク

レイヤーとは?

ここでレイヤーの登場です。

レイヤーとはいわば画像の上にかぶせる透明のシートのようなものです。落書きの例で言えば、このシートの上に落書きをするので元画像を直接編集することがありません

右の画像はレイヤーのインターフェイスです。「落書き」レイヤーと「背景」レイヤーが別々に成っていますね。

編集が自由自在

layer explained Photoshop layer interface

削除等したいときも容易にできます。そのレイヤーを削除するか非表示にするだけです。

after edit red

レイヤーを作成するには?

Photoshopで画像を開くとすでに「背景」という名前のレイヤーが作成されます。さらにレイヤーを追加したいときは

ショートカットキー:Ctrl(Cmd)+Shift+N か、レイヤーパネルで下のレイヤーアイコンをクリックします。

create new layer

レイヤーのその他のメリット

レイヤーは非破壊で編集できる以外にも様々なメリットがあります。

  • レイヤーの順番変更
  • 透明度も変更
  • グループ化
  • クリッピング
  • 移動
  • 変形
  • 描画モード
  • 色調補正レイヤーがある

まとめ

いかがでしょうか。

レイヤーはPhotoshopにとってなくてはならないものだとわかりました。レイヤーがないと単純な落書きを消すということすら大変なのです。それに加えて、複雑な編集ともなるとレイヤーをたくさん使うことは言うまでもありません。

スポンサーリンク