【入門】3分でわかる Lightroom。

当サイト Photo Mini はLightroomの細々したテクニックに関する記事は多いですが、Lightroomを包括的に解説した記事はまだ書いていませんでした。

Lightroom関連の記事一覧はこちらへ。

今回は「Lightroom 入門」ということでLightroom初心者の方を対象にした解説をしたいと思います。

Lightroomとは?

Lightroom(読みは「らいとるーむ」)の正式名は「Adobe Photoshop Lightroom」と言います。名前に「Photoshop」とあるので「Photoshopの廉価版」と間違えやすいですが、Photoshopの廉価版ではありません。Photoshopの廉価版はPhotoshop Elementsになります。LightroomはPhotoshopとは全く違うコンセプトで作られた画像編集・管理ソフトです。Photoshopと大きく異なる点はLightroomは管理と一括処理に大変向いているということです。

違うとはいってもPhotoshop連携することはもちろんできます。

lightroom-basic-grid-interface-look

スポンサーリンク

Lightroomのすごいところ

Lightroomにはさまざまなメリットがあります。

大量の写真を処理できる

プリセットと呼ばれる、一連のパラメータを保存したものがあり、それをワンクリックで大量の写真に適用することができます。

例えば、露出が暗すぎた写真がたくさんあったとしたら、基本補正で「露光量」を高くしたのをプリセットで保存して適用するか、Cmd (Ctrl)+C でパラメータをコピーして他の写真に一括で適用することができます。

preset settings

一連のワークフローが完結する

取り込み、管理、リネーム、編集、印刷、Webへのアップといった一連のワークフローがLightroom一つで完結します。

写真を劇的に変えられる

これは言葉で説明するより見てもらったほうがいいでしょう。

スポット修正」を使えば写真から不要なものを除去することができます。Photoshopをお使いの方であれば「コンテンツに応じた塗りつぶし」に近いと考えればいいと思います。

主要なカメラのRAWにはすべて対応

RAWはカメラの性能を最大限に引き出せるなど多くのメリットがありますが、フォーマット(拡張子)はメーカーによってまちまちで、統一した規格はありません。一般的にRAWを現像しようとするとカメラメーカーが提供している現像ソフトを使用するしかありません。しかし、メーカー提供の現像ソフト(キヤノンならDPP)はそのメーカーのRAWファイルしか現像できません。

Lightroomでは キヤノン、ニコンといった大手はもちろん、カシオ、コンタックス、コニカミノルタ、Nokia、オリンパス、パナソニック、ペンタックス、リコー、ソニーなどのほぼすべてのRAWに対応しています。

詳しくはAdobeのサイトへ。

カラーマネジメントに対応

画像ファイルに埋め込まれたカラー(ICC)プロファイルを読み取り、それをデバイスに依存しないLab空間に変換し、モニタープロファイルの色空間に変換するというカラーマネジメントに対応しています。

Lightroomの作業色空間について詳しくは別記事へ

Lightroomの作業色空間はどうなっているの?

いつでも元に戻せる

パラメータがたくさんあるので、色々調整していると変になってしまうことがあります。Lightroomは非破壊編集なのでいつでも元に戻すことができます

Ctrl(Cmd)+Z で一つ前に戻せるのはもちろんですが、現像パネル下の「初期化」ボタンを押すことでいつでも読み込み時のように戻すことができます。

reset in Lightroom

マップ上で見ることができる

GPS内蔵カメラやスマホのGPSアプリとカメラを連携して撮れば画像データにGPS(位置情報)が埋め込まれます。それをマップ上で確認することができます。

lr map gps data imported

透かしを入れることができる

書き出し時に設定した透かしを入れることができます。透かしを入れることで①著作権を主張できる②プロっぽくなる といったメリットがあります。

watermark-thmb

管理機能が充実

  • キーワード
  • レーティング
  • フィルタ
  • 検索
  • コレクション

lr-filtering

撮影時間を変更できる

時差の違う国に行ったり、カメラ内時計がズレていると、撮った写真の時間もズレてしまいます。そういうときに便利なのが撮影時間を変更できる機能です。

(ただし、悪用はしないでくださいね)

time-adjust-lightroom

使い方

大まかに、取り込み→編集・管理→書き出し という3つのステップがあります。

取り込み

Lightroomが他のソフトと違う点で最初に戸惑うのは読み込みが必要という点です。これはカタログというデータベースに写真を取り込む作業です。取り込み元はPC内のデータはもちろんですが、USB接続したカメラやSDカードなどからも取り込めます。

lightroom-import2

管理

「管理」と言ってしまうと少し硬いですが、要はたくさんある写真を整理して探しやすくするということです。Lightroomは整理するのに優れた機能がたくさんあります。

  • キーワード
  • コレクション
  • レーティング(★)
  • フラグ
  • フィルター
  • 検索

lr-tree-keyword-organize

flag interface

編集

現像モジュール(Dキー)の右のパネルで行ないます。

コントラストや明るさなどの基本的な補正はもちろん、トーンカーブ、ノイズ除去、部分補正などさまざまなメニューが有ります。

lightroom-basic-panel

書き出し

編集等が終わったら最後に書き出しです。

  • 形式、サイズ、場所などを指定可能
  • SNSに直接アップ可能

lightroom export module

Lightroom publish service facebook

購入方法

現在(2016年)、Lightroomを買おうとするとLightroom 6とLightroom CCという2つの選択肢があります。両者は機能面ではほとんど変わりませんが、課金方法に違いがあります。6 はパッケージでの一括購入なのに対し、CCは毎月課金型です。

まとめ

私はLightroomなしでの写真はもはや考えられません。それぐらいLightroomは魅力的です。

他の写真ソフトを使っている方はぜひ乗り換えましょう。

スポンサーリンク