iPhoneの写真を”自動で”PCに取り込む3つの方法

世界でいちばん使われているカメラは、キヤノンのEOS一眼レフではなくてiPhoneです。その数は億台のもなるため、iPhoneで日々世界中で撮られている写真は膨大な量になります。

スマホはコンパクトでどこでも持ち運べて気軽に写真を撮れるメリットがあります。最近の機種は高画質化しており、画質面でコンパクトデジカメを駆逐しはじめています。加工アプリも充実しており補正やデコレーションがカンタンに付けることができます。

しかし、スマホは画面が小さいことが難点です。撮った写真を小さなスクリーンだけでなく、大きなスクリーンのモニターで見たいという方も多いと思います。また、他のカメラで撮った写真と同じようにPCで一括で管理したい方もいると思います。

今回はiPhoneからPC(Mac含む)に自動で取り込む方法を紹介します。

普通、iPhoneからPCに取り込むには

  1. USBケーブルをPCと接続
  2. PCからiPhoneにアクセス
  3. 写真を選択
  4. コピー
  5. PCのフォルダに貼り付け

という手順が必要でした。

これは面倒なので、アプリを使ってiPhoneからWifiで自動的にPCに転送する方法を紹介します。

(以下で紹介するアプリはGoogle Playにもあると思います)

BitTorrent Sync

P2Pでファイルを同期するソフト。P2Pとは、通常は、クライアント(ユーザー)はファイルがある中央サーバーとやり取りするのに対し、P2Pは各クライアント(ユーザー)自身がそれぞれ「サーバー」になり相互にファイルをやりとりする分散型のネットワークのことです。BitTorrent Sync(通称:BTSync)はそのしくみを利用したソフトです。

BTSyncのメリットは、iCloudとDropboxの無料版には容量制限があるのに対し、BitTorrent Syncには容量制限がないためPCかiPhoneの容量が許す限りは無制限で転送できます。

App Storeでダウンロード

デスクトップ版をダウンロード

iPhoneの設定

iPhoneにダウンロードしたら、開いてユーザー名を設定します。「セルラーデータを使用して同期」のチェックは外しておいたほうがいいでしょう。Wifiのみで同期したほうがLTEのパケットを消費せずに済むからです。

iphone btsync setting1

名前を決めたら、カメラバックアップを有効にします。

2016-05-09_15_57_45

他のデバイスで同期するのに必要なキーをコピー。このキーを知っている人は誰でも「保存先」として設定できてしまうので絶対に他人には教えないでください。

2016-05-09 15 58 18

デスクトップ版の設定

デスクトップ版をインストールしたらドロップダウンメニューから「キーまたはリンクを入力する」をクリック。

btsync select sync

先ほどコピーしたキーを入力

enter key

保存先フォルダを選択して「接続」をクリック

select sync folder

同期がはじまります。

スポンサーリンク

iCloud

WindowsはiCloudソフトをダウンロードする必要があります。Macは元からインストールされている「写真」アプリに自動で同期されます。

Windows版iCloudをダウンロード

インストール後、アプリを開いて「写真」の項目にチェックを入れます。「オプション」でその保存先を設定します。に自動的に同期されます。

windows icloud

Dropbox

DropboxをApp Storeでダウンロード

デスクトップ版をダウンロード

言わずと知れたクラウドサービス。インストールしてサインインした直後の初期設定では自動的にiPhoneの写真がアップロードされるようになっています。

手動で設定するには

下のメニューの「写真」という項目を選択して、右上の「有効」ボタンを押す。写真がアップロードされ始めます。

2016-05-09_16_29_56

保存先のフォルダは「カメラアップロード」という名前のフォルダです。

2016-05-09_16_39_34

※Dropboxは無料版のデフォルトの状態では容量が2GBしかないので注意。

まとめ

iPhoneの一番安いモデルは16GB(実質的には約13GB)しかないため、たくさん写真を撮っているとすぐいっぱいになってしまいます。これらのソフト+アプリを使ってPCに自動保存しておけばiPhoneから削除してもいいと思うので容量の節約にもなります。

スポンサーリンク