Lightroomに写真を取り込むとプレビューが少し変わる理由

Lightroomで写真を取り込んだら、そのサムネイルが作られて取り込まれている様子がわかります。でも、サムネイルをよく見ている人なら、取り込まれた数秒後に写真のプレビューが少し変わるのに気付いた人がいると思います。どうしてなのでしょうか?

今回は、サムネイルが変わる理由を説明したいと思います。

what-grid-view-look-like2

2つの理由

RAWは独自のプレビューが必要

RAWでもJPEGでも、カメラで撮影すると背面モニターで見ることができます。カメラは、JPEGの場合はストレートにそれを表示すればいいのですが、RAWの場合はそうはいきません。RAWの場合はデータがカメラから出力した生の状態なので、そのままでは表示できず、プレビュー専用のJPEGを作らなければなりません。

Lightroomの中でも同じことが起こっています。LightroomにRAWが取り込まれるときは、はじめにRAWに付属するプレビュー用JPEGを表示した後にLightroomが独自に生成したプレビューを表示するからです。

現像プリセットを適用するから

もう一つの理由です

Lightroomにはワンクリックで現像できる「現像プリセット」という機能があります。これはホワイトバランスや明るさ、コントラストなどの設定を保存して他の画像にも一律に適用できるものです。

現像プリセットは取り込み後だけでなく、取り込み時にも適用できます。

取り込まれた画像ははじめはオリジナルのプレビューを表示しますが、プリセットが適用されている場合はそれが反映されてプレビューが変わるのです。

スポンサーリンク

まとめ

Lightroomに取り込んだ直後はサムネイルの生成やプリセットの適用で落ち着くまでに時間がかかるのじれったいですがゆっくり待つようにしましょう。

スポンサーリンク