解説!ノイズについて

カメラのLCD(背面)モニターで写真をプレビューで確認したときにはわからなかったけど、拡大してみたり、PCで100%に拡大してみたらなんだかざらざらしていたという経験はありませんか?

被写体自体はなめらかなのにどうしてなのでしょうか?

これはノイズといってカメラ側で起こる問題です。今回はそれを解説します。

ノイズとは?

本来なめらかなはずの被写体にざらざらして写っているやつです。

ノイズには大き分けて2種類あります。①色ノイズ②白黒ノイズ種類

1113316 noise-magnified

スポンサーリンク

ノイズの原因

ISO感度が高い

ISO感度を高くすると明るく撮れるので速いシャッタースピードにしたり、絞り値を大きく(絞る)することができます。センサーの感度を上げる仕組みというのは光の信号を増幅させることで実現しています。ですので増幅された信号の中にノイズが含まれているとそれが増幅されてしまい写真に表れてしまいます。

以下の写真、左はISO100、右はISO6500

160925-135155-low-iso 160925-135155-high-iso2

センサーには赤、青、緑のピクセルが敷き詰められています。2000万画素のカメラにはピクセルが2000万個敷き詰められています。レンズを通ってセンサーに当たった光は取り込まれてデータに変換されます。「センサーの大きさとノイズが関係あるの?」と思うかもしれないですが、関係あります。センサーサイズが小さい

同じ画素数であればセンサーが大きいほどピクセルは大きいです。センサーサイズが大きいと、小さいピクセルに比べて取り込める光の量が多いので、相対的にノイズが小さくなります。

sensor-color-cell

一般的にフルサイズのカメラはAPS-Cやコンテジよりもノイズが少ないです。

ノイズ除去する

写真のノイズを少なくするにはどうしたらいいのでしょうか?

それには、カメラでの対策と、PCソフトでの処理の2種類あります。

カメラで

センサーの大きいカメラを使う

一般に、同じ画素数ならコンデジよりもAPS-Cカメラが、APS-Cカメラよりもフルサイズがノイズが少ないです。コンデジやスマホはセンサーが小さいです。

ISO感度を低くする

昼間ではISO感度をそれほど高くしなくても撮れます。しかし暗い環境ではそうはいきません。ISO感度を低くするとシャッタースピードが低くなってしまいます。そのため、ぶれやすくなります。どうしたらいいのでしょうか?

  • 三脚を使う:低シャッタースピードで撮るときの定番は三脚です。この際手ぶれ補正はオフにしておきましょう。
  • 手振れ補正を使う
  • カメラをしっかり構える:三脚を使うのが理想的ですが場所によっては禁止だったりすることがあります。そういうときは手持ち撮影になるのですが、構え方が重要です。①足を肩幅に開いてしっかり立つ ②脇を締める③息をはきながらシャッターを切る。こうすることで手持ちでも安定して撮ることができます。
  • 絞りを開く(値を低くする):絞りは絞る(値が大きい)ほど被写界深度と呼ばれる前後のピントが合っている範囲が広くなります。しかし同時に暗くなってしまいます。ですのでなるべく絞りを開いて撮りましょう。標準レンズの単焦点なんかには安価で開放絞り値が低い(明るい)レンズがあります。

PCで

カメラでノイズを低減できなかった場合はPCでノイズ処理することができます。中・上級者向け写真編集ソフトにはノイズ処理機能があります。

ならば「カメラで一生懸命ノイズ低減しなくてもPCでやればいいのでは?」と思うかもしれません。

しかし、PCソフトでノイズ処理をするとどうしてもディテールが失われてしまいます。それはソフトは、ディテールをぼかすことで「ノイズ除去」をしているからです。ですので、かけすぎには注意が必要です。

Photoshop

  • メニュー>フィルター>ノイズ>ノイズ軽減
  • メニュー>フィルター>Camera Rawフィルター

photoshop-noise-reduction

Lightroom

現像モジュール>右パネル>ディテール>ノイズ軽減

noise-reduction-lightroom

スポンサーリンク