写真好きのためのIFTTTレシピ。

スマホやタブレットアプリのIFTTTをご存知ですか?

IFTTTは「If this then that(もしこれならそれ)」の略で、一言で言うと「あるサービスとあるサービスをつなげる」無料アプリです。と言ってもピンとこないでしょうから例を挙げてみます。

  • Instagramの投稿を自動でFacebookにシェアする
  • あるキーワードにひっかかるツイートがあったら自動でEvernoteに保存する
  • Instapaperで保存した記事を自動でメールで送る
  • 運転している車が家に近づいたら車庫のガレージを開ける

といったように皆さんがおなじみのサービスをつなげることができます。こういったアプリの組み合わせのことをレシピ(もしくはアプレット)と言い、サービスの組み合わせ次第なので無限に作ることができます。。

例えば、Twitterの投稿を手動でFacebookに投稿するのは面倒ですよね。そういうときにIFTTTは自動でやってくれます。

今回は写真好きな人に役立つIFTTTの使用例を紹介したいと思います。

ダウンロードリンク

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサーリンク

使い方

詳しい使い方はGoogle検索していただければと思いますが、大まかには以下のようです。(ツイートをEvernoteに保存したいとき)

  1. アプリインストール
  2. アカウントを作成
  3. ボタンで新規レシピ
  4. 「this」にサービスを追加(例:Twitter)
  5. 「that」を選択(例:Evernote)
  6. Finish をタップ

 

写真に役立つレシピ

ソーシャル

  • 500pxに投稿した写真をFlickrでも投稿
  • Flickrの写真をFacebookに投稿
  • 500pxに投稿した写真をFacebookでも投稿

インスピレーション

  • 500pxの人気写真をDropboxに投げ込む
  • Instagramでいいね!した写真をDropboxに保存

バックアップ

  • Dropboxにカメラロールのバックアップ:iPhoneのカメラロールに追加された写真を自動でDropboxにコピーできます。スクリーンショット、自撮り、バースト、パノラマ、HDRすべてバックアップを取ることができます。もっと整理したければスクショや自撮りをDropboxの別のフォルダに保存することもできます。
  • Facebookでタグ付けされた写真をDropboxに保存
  • Instagramの写真をEvernoteに
  • iOSの写真をGoogle Driveに保存

その他

  • 特定の場所でiPhoneで撮影した写真を指定したアルバムへ
  • 満月の日に通知
  • 雨になりそうなときに通知

「Photo」でレシピを検索

レシピ(アプレット)を自分で作る以外にも既存のレシピを選ぶことができます。写真関連でしたら検索で「photogrpahy」と検索すれば写真関連のレシピが見つかります。ちなみにIFTTTは現在(2016/12)は英語のサービスなので日本語で検索してもヒットしません。

スポンサーリンク