ICCプロファイルとは?

「Adobe RGB」や「sRGB」というのを見たことはありませんか?これはICCプロファイル(カラープロファイルとも言う)というのですが、Adobe RGBやsRGB以外にもモニターやプリンタに対応したプロファイルがそれぞれあります。

今回はICCプロファイルを解説します。

見かける場面

プロファイル設定を見かけるのは以下のような場面でしょうか。

カメラの設定

camera-icc-profile-setting

Photoshopの設定

profile-setting-photoshop

Lightroomの書き出し

Lightroom export setting color space icc profile

OSのディスプレイ設定

Macのシステム環境設定

mac-display-profile-setting

スポンサーリンク

デバイスによって表現できる色は違う

デジタル画像は赤(R)、緑(G)、青(B)の3原色から成っています。それぞれの値の組み合わせで色を表現します。

RGBの各値が201, 16, 17 という色があるとします。R(赤)の数字が大きいのでなんとなく「赤」ということはわかります。色の情報としてはこれで十分なように思えますが、この数字だけで色を正確に表示できるわけではありません。

異なるプリンタやモニターで表示してみると、以下のように、デバイスによって同じ値の「赤」でも少しずつ違います。モニターの赤は鮮やかですが、プリンタのそれはくすんでいます。モニターは、メーカーや個体差、経年劣化、調整などによってばらつきがあります。RGBの各値が201, 16, 17という同じ数値であるにもかかわらず、プリンタも同様にメーカーやモデル、使用するインク、用紙、環境光によって少しずつ色が異なります。

color-same-value-different-color-space-profile

ICCプロファイル

そこで必要なのが、デバイスが表現できる色空間を定義した「ICCプロファイル」というものです。「カラープロファイル」とも呼ばれています。ICCプロファイルのICCは International Color Consortium という、色に関する国際標準化団体の略称です。ICCプロファイルはそれぞれのデバイスや画像には必ず付属していなければなりません。ファイル形式(拡張子)は.icc

プロファイルには3種類あります。

  • モニタープロファイル
  • 作業プロファイル
  • 出力プロファイル

それぞれがそれぞれの場面やデバイスでのみ使うべきで、例えば作業プロファイルをモニタープロファイルに使うことはできません。

モニタープロファイル

i1 Display Proなどでキャリブレーションしたプロファイルか、モニターメーカーが提供しているプロファイルです。カラーマネジメントに対応しているOSであれば自動的にローティングされます。

パソコンを起動するのを見ていると、画面の色と明るさがパッと変わる瞬間があります。あれはモニターのICCプロファイルが読み込まれたことを示しています。

どのプロファイルが読み込まれているか確認する方法。

  • Mac:システム環境設定>ディスプレイ>「カラー」タブ
  • Windows:スタート>検索「色の管理」

作業プロファイル

これがソフトウェア画像編集するときに使われるプロファイル。皆さんが聞いたことがある、Adobe RGBとsRGBなどです。PhotoshopとLightroomではProPhoto RGBもあります。これらのプロファイルは特定のデバイスに特化したものではなく、写真編集するのに適した色空間です。色空間が広い順にProPhoto RGB、Adobe RGB、sRGBとなります。

出力プロファイル

プリントプロファイルはその一つ。プリントするときに作業プロファイルから個別のプリンタと用紙に対応したプロファイルに変換されます。プリンタなどの出力するデバイスのプロファイルで、プリンタメーカーのHPからダウンロードすることができます。だた、色の正確さを求める場合は専用機器を使ってカラーターゲットを測定してカスタムプロファイルを作成しましょう。プリンタする際にはプリンタと用紙に対応したプロファイルを適用する必要があります。プリントする際

  • Lightroomでの方法:プリントモジュール(Cmd(Ctrl)+P)>「プリントジョブ」タブ>カラーマネジメント>プロファイル で選択します。
  • Photoshopでの方法:プリントモジュール(Cmd(Ctrl)+P)>「カラーマネジメント」タブ
    • カラー処理:Photoshopによるカラー管理
    • プリンタープロファイル:(プリンタのプロファイル)

視覚的に見てみる

実際にプロファイルはどんなものなのか見てみたいと思います。MacにはColorSyncというカラーマネジメントシステムがあり、そのソフトにプロファイルを比較する機能があります。

以下ではsRGBとプリンタ(Epson PX-5V)のプロファイルを比較してみました。白いのがプリンタで、カラーの範囲がsRGBです。プリンタのほうが色空間が広いことがわかります。

color-profile-space-comparison

画像に付属したプロファイルを確認する

画像にどのプロファイルが付属しているか確認するのに特別なソフトは必要ありません。OSのデフォルト機能で確認できます。

Mac

画像を右クリック>情報を見る>詳細情報>カラープロファイル

see-profile-of-an-image-mac

Windows

画像右クリック>プロパティ>詳細>色の表現

see-profile-of-am-image-win

まとめ

デバイスによって表現出来る色は異なるので、ディスプレイで写真を確認したり、プリントするときにはそれぞれのデバイスのICCプロファイルが必ず必要です。「色の身分証明書」と言ってもいいでしょう。

スポンサーリンク