意外と知らない?Lightroomの編集を「初期化」する方法まとめ

Lightroomは編集データをカタログに保存しているので、非破壊で、画像をいつでも元に戻すことができるという大きなメリットがあります。

その初期化の方法ですが、普通は、現像モジュールの右下にある「初期化」ボタン押します。そうすることで、基本補正やトーンカーブなどのパラメータがすべて初期化されます。

Lightroom reset

実は他にもある「初期化」する方法

実は上の方法以外にも初期化する方法があります。それも全てのパラメータを初期化するのではなく、ホワイトバランスなどの個別のパラメータを初期化できます。

階調ごと

基本補正の「階調」というところをダブルクリックすると露光量から黒レベルまでのパラメータが初期化されます。

tone before reset tone after reset

明瞭度や彩度の「外観」も

上と同じように「外観」をダブルクリックすると明瞭度や自然な彩度、彩度の三つが初期化されます。

clarity before reset clarity after reset

個別のパラメータを初期化

複数のパラメータを初期化できるだけでなく、個別のパラメータも初期化できます。

例えばハイライトのみをリセットしたかったら「ハイライト」などの項目名をダブルクリックします。

reset sole before solo reset after

パネルごと「初期化」

Lightroomは補正の目的に応じたパネルがいくつもあります。基本設定、トーンカーブ… といった感じです。

これは「初期化」とは違うかもしれませんが、基本補正以外のトーンカーブなどのパネルの左にあるスイッチのようなものをクリックすると、そのパネルの効果が適用されていない状態を見ることができます。

再度スイッチを押すと再び効果がかかります。これは「初期化」として使うよりもパネルの効果を確かめるという目的で使ったほうがいいでしょう。

reset panel before reset panel after

スポンサーリンク