Lightroomで現像プリセットをインストールする方法

ワンクリックで様々なエフェクトを大量の写真に加えられるのがプリセットのメリットです。ネット上には無料で利用出来るプリセットが多くあります。今回はそのプリセットをダウンロードしてLightroomにインストールする方法をご紹介します。

ここでの解説はMacでやりますが、インストール方法はWindowsも共通です

Lightroom内でプリセットを作成する方法は別記事へ

Lightroom現像プリセットの作り方

インストール方法

ダウンロード

今回インストールするプリセットはPhotographypla.netさんからダウンロードしました。もちろんこのサイトでなくても他にプリセットを無料でダウンロードできるサイトは沢山あります。Googleで「Lightroom プリセット 無料」や「Lightroom presets free」などと検索していただければと思います。

free-lightroom-preset-download

解凍

ダウンロードファイルはZIPという形式で圧縮されていることがほとんどなので解凍する必要があります。Macでは解凍する必要がありませんが、Windowsでは必要あるのでLhaplusなどの解凍ソフトを使いましょう。

解凍されると以下のような.lrtemplateという形式のファイルがでてきます。それが現像プリセットです。

free-vintage-mono-preset

取り込み

Lightroomで現像モジュールを開き、左側のパネルの「プリセット」を展開します。プリセットの上で右クリックし「新しいフォルダー」をクリックしフォルダを作成。分かりやすい名前を入力。

preset

ここでは名前を「サンプルプリセット」とします。

preset folder

プリセットフォルダを選択して「読み込み」を選択

2016-02-12_15_29_31

先ほど解凍したプリセットを選択し読み込みをクリック

import preset

取り込まれました。ただし、取り込むとなぜかそのプリセットが勝手に開いている写真に適用されてしまうので、適用したくなかったらCmd(Ctrl) + Zキーを押して適用前に戻りましょう。

preset imported

スポンサーリンク

プリセットはどこに保存されてるの?

取り込んだプリセットはLightroomの専用フォルダーにコピーされます。ですのでダウンロードした元プリセットやそのZIPファイルは削除しても構いません。

その専用フォルダを見る方法は 環境設定>プリセット>場所>Lightroomプリセットフォルダを表示 をクリック。

(「プリセットをこのカタログと一緒に保存」にはチェックがついているものと仮定しています)

以下のようにフォルダをたどっていきます(Windowsでも共通)

Lightroom設定>Develop Presets>サンプルプリセット

preset location

スポンサーリンク