中古一眼レフカメラを買うときのポイント

一眼レフカメラはコンデジやスマホに比べて画質が良く、ボケみがあり、レンズを選ぶことができ、AFスピードが速く、操作性が良いなど様々な魅力があります。

しかし高いのが難点で、安いものでも数万円しますし、高いものでは50万円ぐらいします。そこで嬉しいのが中古の一眼レフカメラです。

中古カメラのメリット

中古のメリットが安いことは言うまでもないと思います。定価よりも3〜4割安いです。高価なカメラには嬉しいですね。

スポンサーリンク

安いのは”訳あり”だから?

しかし、安いからには何か”訳あり”なのだろうと思うかもしれません。

中古レンズを買うときのポイント」でも言いましたが、前の持ち主が売った理由は必ずしも不良品だからだけではなく他にも理由があります。

  • 買った機種の操作性が悪かったので買い換えるために売った
  • ニコンからキヤノンに乗り換えたので売った
  • 急きょお金が必要になったので売った
  • 写真をやめた

といったようにけして不良品だからだけではありません。

チェックしたいポイント

以下では中古の一眼を選ぶときに注意したいポイントです。

シャッター回数

一番重要な点は前の持ち主がシャッターを切った回数です。使用年数はそれほど問題ではありません。使用年数が短くてもその間に大量に撮っている場合がありますし、使用年数が長くてもあまり撮っていないケースがあるからです。

カメラにはシャッターを切れる回数に限りがあり「カメラの寿命」とも言われています。車でいうと走行距離のようなものです。入門機だと5万回ぐらい、ハイエンド機だと20万回ぐらい、プロ用だと40万回ぐらいです。

そのシャッター回数はその上限になった途端に動かなくなるのではなく、寿命に近づくにつれてまず連写性能が落ちていきます。そして最終的にはシャッターが切れなくなります。寿命を迎えたシャッター機構を交換するとなると数万円かかり、それだけで一眼が買える値段です。ですのでシャッター回数は知っておきましょう。

前の持ち主に直接聞きたいところですが、必ずしも聞けるとは限りません。そこで、ニコンの機種なら調べることができますが、キヤノンでは残念ながらできません。方法は、メーカーのサービスセンターに持ち込むかPCで調べるかの2つなのですが、中古の場合は前者は不可能なので、中古屋にノートPCを持ち込んで調べます。

  • Mac:
    1. 写真を「プレビュー(.app)」で開く
    2. メニュー>ツール>インスペクタを表示
    3. Exifタブ
    4. イメージ番号
  • Windows:XnViewというソフトを使います。

潰れたピクセルがないか

カメラのセンサーはには数百万ものピクセルが敷き詰められており、一つ一つが光を受け取って電子信号に変換します。そのピクセルが潰れてしまうと光を受け取る事ができず黒や赤、緑になってしまいます。(センサーについては別記事へ

PCを店に持ち込んでチェックできるのでしたらそのカメラで実際に撮ってみて拡大して潰れたピクセルがないかチェックしましょう。周囲は明るいのに一点だけ真っ黒になってしまっているピクセルが何個あるかです。数個なら問題ありませんが多すぎる場合は買わないでおきましょう。

センサーのゴミ

シャッター機構が磨耗して発生する小さなゴミや、レンズを交換する際に入ってしまったチリがセンサーに付着すると、撮った写真にも写ってしまいます。店舗に自分のPC持ち込みが可能ならF22ぐらいまで絞って(暗くして)、白い無地を撮ってみてPCに取り込んで100%まで拡大してチェックしましょう。多少のゴミならカメラの振動振るい落とし機能や、別売りのクリーニングキットで除去できますが、あまりにも大きくて取りづらそうなゴミがついていたら買わないでおきましょう。

キズ

使用していたら多少のキズがついてしまうのは仕方ありませんし、写りに影響はありません。ただし、大きな凹みがあると落下等強い衝撃があったということなので内部も壊れている可能性があります。ですので買わないほうがいいでしょう。

背面ディスプレイのキズももちろん写りに影響はありませんが、やはりいちばん見るディスプレイなのでキズは少ないほうが神経質な人にとってはいいかもしれません。

ボディキャップを外したら見えるミラーに傷が付いていると、写りには問題はないのですが(シャッターを切るとミラーが跳ね上がりますので)、AFの正確さに影響します。ですのでミラーは無キズなのが望ましいです。

付属品

元箱、説明書、メーカー保証書、アイカップ、ストラップ、キャップ、バッテリー、USBケーブル、充電器といった付属品の有無です。すべて揃っていればそれに越した事はないですが、同時に高価になります。ですので最低限

  • バッテリー
  • バッテリー充電器
  • アイカップ

が付属していることを確認しましょう。説明書がなくてもメーカーサイトからダウロードすればいいですし、ストラップは別途購入すればいいです。USBケーブルがなくてもSDカードリーダーを使えばPCに取り込む事ができますので。

内部は壊れていないか

カメラ内部が壊れていないか確かめるには専門の業者が分解してみなければわかりません。しかしカメラを振ってみるだけでもある程度わかります。振ってみて中でなにか「カタカタ」という音がしたら内部が壊れている可能性があるので買わないほうがいいでしょう。

(これについては「中古レンズを選ぶときのポイント」でも解説しました。)

保証の有無

メーカー保証は中古品には適用されない場合があります。ですので販売している店舗の保証の有無を確認しましょう。初期不良の場合交換・返品に応じてくれるかどうかです。

高感度時のノイズ

高いISO感度はセンサーが受け取った光を増幅して実現しています。しかし増幅する分ノイズも多くなってしまいます。高感度時のノイズ処理の進歩は目覚ましく、一昔前に比べれば高いISOでも格段にノイズが少なくなっています。

中古カメラは古いので最新の機種に比べて高感度時のノイズが多い傾向があります。高感度での撮影が多い方はISOを3200以上にしたときのノイズの量もチェックしておきましょう。好みの問題でもありますが。

どこで買う?

オンラインストア

ネットショップならPCだけでなくスマホからでも買うことができますが、商品の実物を手に取ることができないことと、販売者の「顔」が見れないという不安はあります。

オンラインストアでは実物を手にとることができないので、「商品説明」だけではわからない詳しいコンディションはメールなどで直接聞いてみましょう。

Amazon.co.jpではAmazon自身が販売する商品と、Amazon以外の業者や個人が販売している商品があります。後者をAmazonマーケットプレイスといって、中古レンズはここで売っています。「Amazonマーケットプレイス保証」というのがあり、届いた商品が壊れていたりといったトラブルがあったときに出品者との間で解決しない場合はマーケットプレイス保証を申請することができますので安心して買うことができます。

中古カメラ屋

実店舗で実物を確認したり店員に質問したりできるのが一番のメリットです。「顔」の見える相手から購入できるという安心感もあります。有名なのに

  • マップカメラ
  • カメラのキタムラ
  • カメラファン

があります。

まとめ

上記で指摘したような欠点は少ないに越した事はないのですが、外観がキレイで付属品も揃っていて潰れたピクセルがなくてシャッター回数も少ないというような新品に近いものほど高価になり、定価とあまり変わらなくなってしまうので中古のメリットがなくなってしまいます。ですので

  • シャッター回数
  • センサーの汚れ
  • 基本的な動作

という要点を確認して一番安いものを買いましょう。それ以外は写りに影響はありませんし、例えば付属の説明書(マニュアル)がなくてもメーカーのホームページからダウロードできますので。

買うにはネットショップと実店舗の二つがありますが、私としては実店舗に行くことをオススメします。販売者の顔が見れること、実物を見ることができるというメリットがあるからです。

スポンサーリンク