「ストロボ同調速度」ってどういう意味?

フラッシュを使って撮影していると「シャッタースピードがいつもより速くできない」といったことはありませんか?それはだいたい1/250ぐらいだと思います。どうしてなのでしょうか?どうしてフラッシュを使うとシャッタースピードに限界があるのでしょうか?

まあフラッシュ撮影で露出に重要なのは絞りなのでそんなに心配する必要はありませんが、知っておいて損はないでしょう。

それを理解するにはストロボ同調速度の意味を知ることが必要です。

シャッターのしくみ

「ストロボ同調速度」の意味を理解するには、まずシャッター機構の仕組みを理解しなければなりません。

イメージセンサーの前にはシャッター幕があります。このシャッター幕を開け閉めすることでイメージセンサーに光を当てています。そのシャッターが開いている時間がシャッタースピードです。シャッタースピードが遅いほど動きのある被写体には動きがでます。一方で手持ちだと手振れしやすくなります。シャッタースピードを速くすると被写体を「止めて」撮ることができます。

そのシャッター幕は2枚あります。先幕と後幕です。シャッターボタンが押されると、先幕が最初に降りて、後幕が後に降ります(下図参照)。この先幕と後幕が降りる間隔でシャッター速度をコントロールしているのです。シャッター速度が1/100なら0.01秒間シャッターが開いています。シャッター速度を早くするにはその間隔を狭めていけばいいのです。1枚目のシャッター幕が完全に降りて、完全に開いたときがフラッシュをたくタイミングになります。

slow-shutter-speed

しかし、一定のシャッタースピード、例えば、1/250秒を超えると先幕が完全に降りる前に後幕が折り始めるのです。技術的にそれだけ早くシャッター幕を動かすことが難しいからです。そのためシャッターがスリットと呼ばれる隙間になってしまいます。スリットになった状態でフラッシュを当てるとどうなってしまうでしょうか?

faster-shutter-speed

上図のような状態でフラッシュを使ってしまうと、イメージにシャッター幕がかかってしまい、以下の写真のように黒い帯が写ってしまいます。

flash-with-faster-shutter-speed

スポンサーリンク

ストロボ同調速度

ストロボ同調速度とはシャッターが完全に開いていられるいちばん速いシャッタースピードのことです。たいていのカメラは1/125〜1/250秒ぐらいです。最近にカメラは、フラッシュ使用時にはストロボ同調速度(約1/250)よりも速いシャッタースピードでは撮れないか、強制的にシャッタースピードを遅くするようになっています。

「ストロボ同調速度」はメーカーによって呼び名は若干違います

  • キヤノンでは「ストロボ同調最高シャッター速度」
  • ニコンでは「フラッシュ同調シャッタースピード」

です。

ストロボ同調速度を知るには?

カメラメーカーのホームページでカメラの仕様表のなかにストロボ同調速度は記載されています。

flash-sync-speed-spec

動画で見る

カメラからレンズを外すとミラーが見えます、その奥にシャッター幕はあるのですが。シャッターを切ってみても一瞬なので動きはわかりません。そこで、それを撮影した動画がYoutubeにあります。

The Slow Mo Guysという、さまざまなものをスローモーションで撮影しているYouTubeチャンネルが、一眼レフカメラのシャッター幕の動きを特殊なカメラを使ってスーパースローで撮影しています。

シャッタースピードが早くなるほどシャッター幕のスリットが狭くなるのがわかります。1/8000にもなるとスリットの隙間が爪楊枝ぐらいになっています。

スポンサーリンク