Macの「写真」アプリからLightroomに取り込む

アップルがApertureの開発を終了して、アップル純正の写真管理アプリは「写真(Photos)」アプリに置き換えられました。従来の、どちらかといえば初心者向けである iPhoto と、中・上級者向け Aperture が一つのアプリに統合されてしまったことで機能面で妥協され、不満を持つ中・上級ユーザーが少なくありません。

そこでApertureに代わるのがAdobe Lightroomです。

今回は「写真」アプリからLightroomに取り込む方法を紹介します。方法はいくつかあるのですが、ここでは一番カンタンにできる方法を紹介します。

写真アプリとLightroomの比較は別記事へ

Macの「写真」アプリとLightroomを比べてみた

LightroomのアイコンをDockに追加する

「データの移動なのにDockにアイコン追加?」と思うかもしれないですが、読み進めていけばわかります。

Dockとは初期設定では画面の下にあるアプリやフォルダなどのアイコンが並んだバーのです。これがあることでアプリを簡単に開くことができます。

ここにLightroomのアイコンを追加します。

追加するには、Lightroomを開きDockのアイコンを右クリック>オプション>Dockに追加 をクリック。

add icon to dock mac

スポンサーリンク

 .photoslibrary ファイルを開く

拡張子が .photoslibrary のファイルを見つける。デフォルトでは「ピクチャ」フォルダにあります。これは「写真」アプリで使うデータベースファイルです。Lightroomでいうカタログみたいなものです。右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリック。

photoslibrary file

フォルダ名「Masters」を開く

「.photoslibrary」のファイルを開くと、なにやら英語名のファイル・フォルダがたくさん並んでいますが、そのなかの「Masters」という名前のフォルダにアプリで使う写真の元データが入っています。写真のファイル形式はもちろんJpegやtiff、RAWといったアプリに取り込んだときの形式で、アプリ専用の形式ではありません。

フォルダは 年>月>日付 というツリー構造になっています。

Library_photoslibrary

フォルダをDockのLightroomアイコンにドラッグ

追加したい年や日付のフォルダを、先ほど作成したDockのLightroomアイコンにドラッグします。もし、アプリのすべての写真を Lightroom に取り込みたい場合は Masters フォルダごとドラッグしましょう。

drag to Lightroom icon

Lightroomが起動

フォルダ(もしくはファイル)をドラッグするとLightroomの読み込み画面が自動で起動します。

あとはいつも通り設定していけばいいのですが、一つ注意点があります。画像を「コピー」するか「移動」するかでは必ず「コピー」を選びましょう。移動 を選んでしまうと「写真」アプリにある当該の写真が消えてしまいます。「写真」アプリはiCloud経由でiPhoneやiPadなどと同期されているのでそのデバイスからも消えてしまいます。

you should copy on import

SDカードを入れたらLightroomを自動起動させる

別記事です。あわせてご覧下さい

【Mac】SDカードを入れたらLightroomを自動起動させよう

スポンサーリンク