EXIFって何?データからわかる写真

スマホなど、デジタルカメラで写真を撮ると、背面モニターでプレビューを確認できます。構図の良し悪し、露出が適正かどうかなどをチェックしますよね。ズームしてピントが合っているかどうかや、ブレていないかチェックすると思います。

実は、写真には見える画像以外にも多くの情報が付属してきます。

それが今回解説するEXIFというものです。「EXIF」って英語でなんか難しそうと思うかもしれないですが、全く難しいことではありません。

EXIFデータを見ることで今後の写真に活かしたり、思わぬ発見をすることがあります。

写真データのこと

EXFIとはExchangeable Image File Format の略称です。デジタル画像に付属しているデータのことです。

具体的には?

主に以下のような内容です。

  • 撮影日時
  • シャッタースピード(例:1/500)
  • 絞り値(例:F8.0)
  • カメラの機種(例:EOS 5D MarkIII)
  • カメラの製造番号(10桁ぐらいの数字)
  • レンズの焦点距離(例:50mm)
  • レンズの種類(例:EF50mm F1.8 STM)
  • ISO感度(例:1600)
  • 撮影者名(アルファベットで表示)
  • 露出補正値(例:-1/3)
  • 色空間(例:AdobeRGB)
  • 解像度(例:5472×3648 px)
  • フラッシュの有無

EXIFではわからない情報

残念ながらカメラの設定がすべてEXIFでわかるわけではありません。

  • モード(「プログラムモード」や「絞り優先」などの設定)
  • ピクチャースタイルのような「味付け」

といった情報は保存されません。

スポンサーリンク

Exifデータを見るには?

カメラとパソコン上でEXIFデータを見る方法です

カメラで見る

データを見たい写真がまだカメラの中のSDカードに保存されていたらカメラで見ることができます。キヤノンのEOSの場合は写真プレビューで「info」ボタンを何回か押したら表示されます。

exif-on-camera

PCで見る

Macの場合

  • Finderで画像を開き Cmd+I を押す
  • 「写真」アプリでも同じように 写真を選択してCmd + I を押す

以下の画像はMacのプレビューで開いた様子

exif-on-mac-preview

Windows:写真を選択して右クリックしてプロパティ

Lightroomで見る

ライブラリモジュールを開いて、右側のパネルにある メタデータ という項目

exif on lightroom

Photoshopで見る

画像を開いたら

Option +Shift +Cmd + I を押す。

view exif on photoshop

ウェブブラウザの拡張機能

ブラウザの拡張機能を使えばサイト上のEXIFデータを画像をダウンロードすることなく見ることができます。

Chrome

EXIF Viewerという拡張機能を使う

https://chrome.google.com/webstore/detail/exif-viewer/nafpfdcmppffipmhcpkbplhkoiekndck

chrome exif viewer2

Firefox

アドオン:EXIF Viewer

リンク:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/exif-viewer/

スポンサーリンク