家バレ注意!Lightroomで写真の位置情報を削除する方法

写真にはEXIF情報という写真データが保存されています。シャッタースピード、絞り、焦点距離、カメラの機種などの情報とともに、位置情報も保存することができます。スマホで撮影した写真や、GPS内蔵のカメラで撮影した写真には位置情報が埋め込まれています。Lightroomではマップ上でみることができ、どの写真をどこで撮ったかわかる便利なものです。

しかし、便利な一方、自宅で撮影した写真をそのままネットにアップしてしまうと、内蔵の位置情報から自宅の場所がわかってしまい、思わぬ犯罪被害に遭う可能性があります。

ですので、ネットにアップするときには必ず位置情報を削除しましょう。今回はLightroomで削除する方法をご紹介します。

位置情報があるか確認する

Lightroomのライブラリモジュールで、右側パネルの「メタデータ」という項目を展開します。

そのなかの「GPS測定位置」と「高度(数値)」の二つが位置情報です。

位置情報がない場合は空欄になっています。

check location info

スポンサーリンク

位置情報を削除するのは書き出し時

位置情報をそこで削除することもできますが、位置情報があると管理に便利なので、削除するのは書き出し時に行うといいでしょう。

lr export

「書き出し」をクリックすると、書き出しモジュールが起動します。

check to gps data

そのなかの「メタデータ」という項目の「場所情報を削除」のチェックを入れます

含める情報が「著作権情報のみ」と「著作権情報およびお問い合わせ先のみ」の場合上のチェックを入れる必要はありません。

こうすることで書き出された写真では位置情報が削除されています。

位置情報は、ネットに公開してしまうのはいけませんが、それ自体は悪いものではありません。Lightroom内にはマップモジュールがあり位置情報が写真に含まれていればマップ上で確認することができます。スマホで撮った写真には位置情報が付加されますが、一眼レフは必ずもそうではありません。一眼レフに位置情報を付加するには内蔵のモデルを買うか、ホットシューにつけるアクセサリを別に購入しなければなりません。

そこで便利なのがGeotagPhotosというスマホアプリです。詳しくは別記事へ

GPSレシーバを使わずに位置情報を記録する GeotagPhotos の使い方

読み込み時に削除するには?

位置情報は書き出し時に削除するのがおすすめですが、どうしてもLightroomに読み込みたくないときは「読み込み」時に削除しましょう。メタデータプリセットを使います。

  1. グリッドビュー(Gキー)
  2. メニュー>メタデータ>メタデータプリセットを編集
  3. 項目「カメラ情報」の「GPS測定位置」を空欄にしてチェックを入れる
  4. 項目「プリセット」>現在の設定を新規プリセットとして保存
  5. プリセット名はなんでもいいです。「位置情報削除」とでもしておきます
  6. 完了 をクリック
  7. 読み込み時にメタデータプリセットを上で作成したやつにする

delete-gps-when-import

スポンサーリンク