「適正露出」なんてものは存在しない!

「適正露出」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

写真に関する解説を読んでいると「適正露出で撮ろう」という言葉を多く見かけます。露出(明るさ)が明るすぎると白飛びしてしまい、暗すぎると黒つぶれしてしまいます。その間の「明るすぎず、暗すぎない」露出で撮ろう、というわけです。

一見正しいように見えますが、厳密に言うと「適正露出」なんてものは存在しません。

適正露出とは?

カメラで「自動設定」にすると露出を自動で設定してくれます。AFエリアの選択、絞り値、シャッタースピード、ISO等に悩まなくていいので便利ですね。そのカメラが測った露出が適正露出なのでしょうか?

カメラは適正露出をどう測っているのでしょうか?カメラは撮影者の好みや、被写体の特性などを理解しているのでしょうか?

昨今のニュースでは人工知能についての話題が盛んですが、一眼レフカメラについていえば、カメラが被写体の特性を理解して露出を自動補正する、というところには残念ながらまだ到達していません。

18%グレー

自動露出で撮った写真が暗すぎたり、明るすぎたりしたことはありませんか?カメラはどうやって適正露出を判断しているのでしょうか?

ここで重要なキーワードが「18%グレー」です。これはカメラが適正露出を決める基準になっています。カメラは測光したときにその範囲の明るさを平均して18%グレーより明るかったら露出をアンダーに補正、暗かったら露出をプラスに補正しています。

以下の図をご覧ください。黒い紙を自動露出で撮ると、カメラは「暗すぎるから明るく補正しよう」と思って明るく補正してしまいます。逆に白い紙を同じように撮ると、カメラは「明るすぎるから暗く補正しよう」と思って暗い写真になってしまいます。

カメラは被写体の性質を理解することはできないのです。

18-percent-gray-grey

例えば、以下の写真のように手前のツタをメインに撮りたいのに奥の空が明るすぎるため、カメラは暗く補正してしまいます。そのためシルエットになって真っ暗になってしまっています。こういうシーンは自動露出に任せてはいけないので、マニュアルで撮るかプラスに補正をかけましょう。

canon-eos-60d-17-mm-1-320-%e7%a7%92-f-8-0-1222215 canon-eos-60d-17-mm-1-320-%e7%a7%92-f-8-0-1222315

逆にフレーム内に暗い部分が多いと自動露出は明るく補正してしまうので以下のようにメインの被写体が白飛びしていまいます。下の白い鳥はディテールが見えなくなってしまっています。

canon-eos-70d-400-mm-1-500-%e7%a7%92-f-7-1-1062415

自動露出が苦手な例:

  • アンダーになってしまう例:雪、太陽が入る
  • オーバーになってしまう例:黒い岩

上の(2枚目の写真は上野で撮ったのですがw)二つの例は露出に「正解」がある場合でした。実際の明るさに補正すればいいからです。

では以下の2つの例ではどうでしょうか?どっちが「正解」でしょうか?

実は正解はありません。左は夕日を強調するために露出をアンダー(マイナス)にしました。右側は逆に砂漠を強調するために露出をオーバー(プラス)にしました。それぞれの写真で何を強調したいかによって露出は異なるので正解はありません

canon-eos-70d-17-mm-1-200-%e7%a7%92-f-6-3-2352416 canon-eos-70d-17-mm-1-200-%e7%a7%92-f-6-3-2352416-4

スポンサーリンク

好みの問題

写真には一つだけの露出の正解があるのではなく、シーンや好みに応じて臨機応変に変える必要があります。

適正露出を決めるのはカメラではなくて”自分”だということを意識しましょう。

スポンサーリンク