LightroomとPhotoshopで色が違う理由

Lightroomは写真の管理・編集・出力がこれだけで完結する大変優れたソフトですが、PhotoshopではLightroomではできない高度な編集ができるので、Lightroomでは管理と大雑把な編集、Photoshopでは高度な編集と両者を使い分けている人も多いと思います。

そのなか、Lightroomで「他のツールで編集>Adobe Photoshop CCで編集」をクリックして、Photoshopで編集しようと開いたら、Lightroomと色が違っていたという経験はありませんか?せっかくLightroomでいい感じに編集したのに色が違ってがっかりしたことがあると思います。

原因は、元画像にICCプロファイルというものが埋め込まれていないために起こるのですが、今回はPhotoshopとLightroomで色を合わせる方法と、埋め込みプロファイルがないとき、どれを使用するのがベストかをご紹介します。

色が合わない理由

デジタル写真には必ず「色の身分証明書」のようなICCプロファイルというものが付属していないといけません。ICCプロファイルで有名なものとしてはsRGBやAdobeRGBです。そのプロファイルが埋め込まれていないとソフトやディスプレイは色をどう扱っていいかわかりません。

特にプロファイルが埋め込まれていないJPEGやTIFFの写真をLightroomからPhotoshopに送るとPhotoshopは色をどう処理したらいいかわからないので、以下のようなダイアログが出てきます。

no-profile-ps-response

ここで、「作業用RGBを指定」を選択してしまっていることから、LightroomとPhotoshopのカラーミスマッチが発生します。

大半の画像はsRGBという色空間で定義されているので、上のProPhoto RGBでは広すぎてけばけばしい色になってしまうのです。

ですので、ここでは新たにプロファイルを指定してあげる必要があります。そのプロファイルは好みで構わないのですが、sRGBにしておいたほうが無難です。

プロファイルが無い写真をPhotoshopで開いたときどうするか設定するにはメニューの 編集>カラー設定 に行き 埋め込みプロファイルなし 項目の 開くときに確認 にチェックを入れます。

when-no-profile

こうすることでLightroomとPhotoshopの色を合わせることができます。

color-matched-comparison

Lightroomの作業色空間

あわせて、Lightroomの作業色空間についてもご覧ください

Lightroomの作業色空間はどうなっているの?

スポンサーリンク