カメラの「プログラム(P)モード」解説

写真を撮るときに「全自動モード」で撮っているのはもったいないと思います。全自動に設定すれば面倒な設定が要らず気軽に撮れます。しかし、それでは高性能なカメラを活かしきれていません。カメラには全自動以外に、プログラムモード、シャッタースピード優先、絞り優先などの機能があります。

今回は”脱初心者”の第一歩的な存在の、プログラムモードについて解説したいと思います。

シャッタースピード優先と絞り優先は、メーカーによって表記が異なりますが、プログラムモードについてはたいてい「P」と表示されています。

設定方法

一眼レフカメラだと黒いダイアル上に、メーカーによりますがS、A、Mなどと書かれた文字があります。そのなかの「P」と書かれたのにセットすると今回解説するプログラムモードになります。

camera-program-mode-thmb-2

スポンサーリンク

プログラムモードとは?

プログラムモードとは、レンズを通ってカメラに届いた光をもとに、カメラが自動でシャッタースピードと絞りを設定して適正露出にします。露出を決定する要素には、シャッタースピードと絞りに加えてISOがありますが、ISOはプログラムモードでは自動にはならず、自分で設定することができます。

program mode shutter speed and f stops

プログラムモードと似た機能に「全自動」というのがあります。両者は何が違うのでしょうか?

それは、全自動は、シャッタースピード、絞り、ISO、解像度、AFエリア、フラッシュ使用などがすべて自動である点です。それだけでなく、画像のフォーマットはふつうJPEGかRAWで選ぶことができますが、全自動ではJPEGに固定されてしまう場合がほとんどです。こういう感じで、撮る側に一切設定のわずらわしさを感じさせないで撮れるのが全自動です。

それに対してプログラムモードは全自動の中で設定される項目のなかから、シャッタースピードと絞りだけが自動で設定され、ほかは自分で設定することができ、それが露出に反映されます。例えばISO感度を高めに設定すると、プログラムモードではそれが反映されてシャッタースピードが速くなったり、絞り値が高く(暗く)なります。

ISO感度については別記事で書きました。

初心者早わかり!「ISO感度」って何?

プログラムシフト

シャッタースピードと絞りは自動で決まると言いましたが、露出を変えずに両者の組み合わせを変えることはできます。それをキヤノンでは「プログラムシフト」と言います。例えば自動露出でカメラが出した値が1/200、F5.0だとしたら、露出を変えずに、例えば1/100、F7.1という組み合わせにすることができます。こうすることで、例えばシャッタースピード速くして動きを止めたり、F値を高く(暗く)して被写界深度を深く(ピントが合う範囲を広く)するといったことができます。

ただ、その組み合わせには制限があります。例えば上の1/200、F5.0の組み合わせを変えて、F値を下げる(明るくする)方向にしても、そのレンズの開放F値が2.8だとしたらそれ以下にはもちろんなりません。

スポンサーリンク