知っておきたい AFが苦手な被写体とは?

AF(オートフォーカス)はシャッターを半押しすれば自動でピントを合わせてくれる大変便利なものです。使うのはもっぱらAFで、MF(マニュアルフォーカス)は全く使わない方は多いのではないでしょうか?「MF(マニュアルフォーカス)」の存在自体知らない人もいるのではないでしょうか。しかし、どんな場面でもAFを使えるわけではありません。AFが苦手な環境や被写体というのもあるのです。

af mf switching

暗い

暗いと人間の目でも見えにくいですが、カメラも同じです。AFセンサーは暗い被写体だとコントラストが低くて合焦できない場合があります。暗い被写体にピントを合わせるには、MFか、外部ストロボの補助光を使いましょう。MFを使う場合は、ファインダーでは細かな部分が見えないのでライブビューでディスプレイに表示して拡大してピント合わせをしましょう。

コントラストが低い

AFセンサーは被写体のコントラストを元にレンズを駆動させます。コントラストが低い真っ白な壁などはAFが苦手な被写体です。

動きが速い

スポーツや乗り物などは動きが速くワンショットAFでは追従できないことがあります。ワンショットAFではなくてAI Servoを使いましょう。ワンショットAFはAFがピントが合ってからシャッターを切る機能で、合焦していないとシャッターボタンを押してもシャッターを切れません。ワンショットAFはシャープに撮れるけれども、シャッターチャンスを逃しやすい。AI Servoは被写体に合わせてAFを追従しようとするため、たとえ完璧にピントが合っていなくてもシャッターを切ることができます。

手前に何かある

景色などで、遠方にピントを合わせたいのに手前のものにAFがピントを合わせてしまうことがあります。特にAFエリア選択を自動にしていると起こりやすいです。カメラは、撮影者が何を撮ろうとしているのかはわかりません。そういった場合は手動でAFエリアを個別に選択しましょう。

近接(マクロ)

マクロ写真は被写体との距離が近く、被写界深度が浅いので少しのピントのズレでも台無しになってしまいます。たとえAFエリアを一点だけにしていてもやはり少し動いただけでピントがズレてしまいます。そういった微妙なピントはAFが苦手とするところです。ですのでMFにしましょう。三脚も使って前後の動きを最小限にするといいでしょう。

130601-091553

ガラス越し

窓ガラスやフェンス越しに撮ろうとする、その向こうのものを撮りたいのに窓ガラスやフェンスのワイヤーにピントがあってしまうことがあります。

霧がある

風景を撮ろうとしたときに霧がかかっているとAFが使いにくい場合があります。

130701-191212
Canon EOS 60D, 70 mm, 1-80 秒 (f – 4.0)

まとめ

AFは大変便利な機能ですが、どんなときでも使える完璧な機能ではないことを理解して使いましょう。

スポンサーリンク